「第三次世界大戦もうすぐ。神の意志だから絶対に避けられぬ」ユダヤ教指導者が警告発令の異常事態! 開戦から12分で人類滅亡!!

「第三次世界大戦もうすぐ。神の意志だから絶対に避けられぬ」ユダヤ教指導者が警告発令の異常事態! 開戦から12分で人類滅亡!!の画像1画像は「getty」より引用

 米保守系ニュース「Info Wars」(11月13日付)によると、カナダ出身のラビ、ピンチャス・ウィンストン氏が、「最後の聖戦が近づいている」と警告を発したという。

 今月12日、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスが、イスラエルに向けて400発のロケット弾を発射、イスラエルもこれに応戦し、3人の死者が出た。ウィンストン氏によると、こうしたイスラエルとパレスチナ間の緊張の高まりが、聖書で預言されている「最後の聖戦」を招くという。

 ウィンストン氏はもともと建築家・グラフィックデザイナーだったそうだが、1982年~1988年にかけてエルサレムのイェシーバー(ユダヤ教の学習施設)で、タルムード(ユダヤ教の律法書)を学び、正式なラビに認定された。これまでに25以上のユダヤ教関連の書籍を執筆しているが、彼の主要な研究対象は「終末」についてである。

「第三次世界大戦もうすぐ。神の意志だから絶対に避けられぬ」ユダヤ教指導者が警告発令の異常事態! 開戦から12分で人類滅亡!!の画像2画像は「getty」より引用

 終末の専門家であるウィンストン氏によると、ここ最近のパレスチナとイスラエルの緊張の高まりは、神とマゴグ(神に逆らい、最終戦争を引き起こすとされる勢力)の戦争を引き起こすとのことだ。

「第一次世界大戦はフェルディナンド皇太子の暗殺が引き金となった。2014年のガザ侵攻は3人の少年の殺害が引き金となった。マゴグとの戦争もこうした出来事がきっかけで起こるのだ。それは想像以上に恐ろしいものになるだろう」(ウィンストン氏)

 さらに、戦争は政治的なプロセスの末に起こることが多いが、神とマゴグの戦争はそうしたプロセス、あるいは論理的な帰結として発生するものではないという。この戦争は神がユダヤ教徒の信仰心を試すための試練であり、いくら懐疑論者が「戦争は起こらない」と言ったところで、神の御心を変えることはできないとも。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ