• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishuu1903_01.jpg
画像は「getty」より引用

 昭和の大スター・春日八郎のヒット曲『お富さん』の歌い出しに「粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪」という一節があるが、この曲の元ネタとなったのは、歌舞伎の『与話情浮名横櫛』の一場面『源氏店』である。実は、この歌詞に登場する「黒塀」というのは、かつての日本で見られた、屋敷の周囲を囲っている塀を渋墨で塗ったものを指しており、当時はそれが「粋」であるとされていたことにちなんでいるのだが、実はこうした「黒塀」のなかには、一風変わった仕掛けが施されていたものも存在していたようだ。


「昔、このあたりはそこそこの城下町だったものだからね、今じゃほとんどないけれども、ちょっといい暮らしをしている人の家ってのは、決まって黒塀でさ。それ自体はそれほど珍しくないとは思うんだけれどもね、実はこのあたりの黒塀ってのは、ちょっとした細工がされていてね」


 かつて数十万石の城下町として栄えていたという、西日本のとある地域で、その昔、存在していたという“一風変わった黒塀”と、そのカラクリについてそう語るのは、現在も当地で代々続く商家の主として暮らしている木目林蔵さん(仮名・88)。木目さんの話によると、当地における黒塀のなかには、当地にしか見られない独特な細工が施されていたのだという。


「あのね、普通、お妾さんっていうのは、大概、自宅から少し離れた場所に囲うものだと思うんだけれどもね、なぜかこのあたりじゃ、昔から、自宅の隣に囲うというね、しきたりがあってさ。けれども、本妻の手前、お互いの家を隔てる塀が低いと、なにかと気まずいでしょ?(苦笑)。だから大抵は、通りに面している部分よりもかなり高い塀がね、お互いの家と家の間に立てられてたわけ」


 そもそも正妻と暮らす自宅と、愛妾に用意した別宅が隣合わせであることが当たり前とされているという時点で、全国的に見れば実に珍しいケースと言えるが、当地のこうした文化においてさらに特筆すべきは、その“黒塀”に施された細工である。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年12月 4日 15:05 | 返信

西日本側に失礼だと思いませんか?

3:匿名2018年12月 2日 22:24 | 返信

グローリーホールかな?

2:匿名2018年11月26日 00:21 | 返信

ナニが短いと具合が悪いよね(笑)

1:匿名2018年11月25日 18:53 | 返信

出た!偽記事!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。