奇習! 塀の穴にペニス挿入、反対側では女が…! 旦那衆と妾との間で行われた「粋な黒塀」越しの情交=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

kishuu1903_02.jpg画像は「getty」より引用

「大抵、そういう家ってのは、立派な庭を造ってあるんだけれどもね、その片隅にさ、それこそ大きな松の木なんかがある陰のところにね、穴をひとつ空けておくのよ。要はね、その穴からね、旦那衆が“ナニ”を入れて、隣に住んでいるお妾さんに“いいこと”をしてもらうっていう話なんだけれどもね、これがまたよくしたもので、家の中から見てもそういうことをしてるようには見えない場所にこさえるものだから、本妻のご機嫌を損ねずに済むっていう(笑)」


 正妻と暮らす自宅と、愛人の住む隣家との間に設けられた黒塀に設けられた“穴”を使って、実にスリリングな情事を楽しんでいたという、当地の旦那衆たち。大抵の場合は庭の片隅である死角に設けられていたことから本妻にバレず、思う存分、淫らなひとときを満喫していたのだという。


「もっとも、今じゃそういう習慣そのものがなくなってしまったものだから、若い人たちが見ると、塀が壊れてると誤解して、“こんなところに穴が開いてる!”なんて言うんだろうけどね(苦笑)」


 ステレオタイプの忍者キャラの多くが、黒い装束を身に着けていることからもわかるように、現代のように街灯や人家の灯りで街が照らされていなかった時代には、黒い衣服をまとった人々の背後に位置し、それと合わさることで一体化する黒塀は、何をするにもうってつけのもの。いつの時代も、男女の情愛というものは、思わぬ情熱と創意工夫を生むものと言えそうだ。
(取材・文/戸叶和男)


★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


●戸叶和男の記事一覧はコチラ

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

関連キーワード

コメント

4:匿名 2018年12月4日 15:05 | 返信

西日本側に失礼だと思いませんか?

3:匿名 2018年12月2日 22:24 | 返信

グローリーホールかな?

2:匿名 2018年11月26日 00:21 | 返信

ナニが短いと具合が悪いよね(笑)

1:匿名 2018年11月25日 18:53 | 返信

出た!偽記事!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。