インターネットが100倍速くなる「ツイスト」技術誕生のヒントはDNA!? 速いなんてもんじゃない、これからの光ファイバーが凄すぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 今や全世界でインターネットの利用者数は40億人を超えたと言われているが、地域や設置方法によって通信の速度は大きく異なる。このほどオーストラリアの大学が発表した技術でネット環境がさらに快適になるかもしれないと10月24日付の「The Guardian」が報じている。

twistedfibre1.JPGThe Guardian」の記事より


■らせん状に秘密がある!? 光ファイバーの新たな形とは

 インターネットには欠かせない光ファイバーだが、このほど新たな開発により、らせん状光ファイバーを用いることでインターネットが100倍速くなるという結果が得られた。雑誌「ネイチャー・コミュニケーション」に寄稿された調査により、この“ツイスト光ファイバー”を使うと既存のネットワークがさらに使いやすく、作業効率なども大幅に向上するだろうと科学者たちは口をそろえる。

twistedfibre2.JPGDNAの二重らせん
画像は「Wikipedia」より

 オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)のミン・グゥ教授は、新たにデザインした光ファイバーについて、まるでDNAの二重らせん構造のような形だと説明する。

 これまでの光ファイバーは、鏡に光が当たると跳ね返るように直線の光ファイバーの中を光のパルスがぶつかりながら流れる物であったが、光ファイバーをらせん状に作ることで水平でも垂直でもない形状の管が出来上がった。グゥ教授は「らせんの中で回転運動の勢いを表す角運動量が大きいほどスピンのレベルが上がり、その分伝送できる情報量が多くなります」と語る。

 以前、アメリカのチームが同様の光ファイバーを作成したが、グゥ教授のチームは保持している情報を読み込める手ごろなサイズの検出機を初めて作ることに成功した。以前作られた検出機はダイニングテーブル程の大きさだったが、今回新たに作られた物はなんと人の毛髪ほどの細さだという。この技術は、オーストラリアの全国ブロードバンド(NBN)のように光ファイバー通信をアップグレードするために使うことができるという。

コメント

3:匿名 2018年11月20日 00:38 | 返信

そんな物は無い!

2:匿名 2018年11月19日 21:40 | 返信

確か以前にも100倍速くなる!とか言ってこれ系の何かを開発した人がいなかったっけ?
この手の情報はとりあえず流し読みするようにしてる。まあでも確かにうさん臭いわな。

1:匿名 2018年11月19日 20:03 | 返信

ちょっとよく分からない。
この研究者は、らせん光ファイバーを作成はしていないようだ。今までの装置よりかなり小さい検出器を作った、とある。で、本当に100倍速くなるのか、、モノは無いんじゃないのか?偏光の性質を利用するのだろうか?
ただ、光ファイバーは非常に長い物が必要なわけで、そういったものが本当に作れるのだろうか?という疑問。
んで、同じ教授が全然違うモノを開発してて、これはグラフェンの電極らしいが、「3000パーセントの太陽電池容量を高めることができると言う電極を開発した」とかいう触れ込みである。
どうも、話をフカす人のように思える。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。