• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 ヨーロッパで発行されている数字選択式宝くじ「ユーロミリオンズ」で、6年前に史上最年少の17歳で100万ポンド(約1億4,500万円)を当てたスコットランド人女性、ジェーン・パークさんが、23歳となった今、彼氏の公募を始めた。

「ユーロミリオンズ」は、日本でいえばロト7のようなものなのだが、1等賞金の上限が1億8,500万ユーロ(約237億円)とケタ外れで、ジェーンさんが当てた100万ポンドは、比較的“低額”賞金ともいえる。

 それはさておき、ジェーンさんは自身のウェブサイトを開設し、そこで彼氏を公募している。

 見事彼氏として選ばれると、年間6万ポンド(約870万円)が“お小遣い”として支給され、そのお金でジェーンさんをデートに連れていくことになるのだという。

 これを伝えたイギリスのタブロイド紙「ザ・ミラー」の記事によると、ジェーンさんは当選以降、孤独を感じるようになっていた。そして、自分自身が愛されているのか、それとも銀行口座の残高が愛されているのかがわからなくなり、それならと開き直り、お小遣い付きで彼氏を公募することにしたのだという。

 ジェーンさんは当時、時給9.3ユーロ(約1,200円)の仕事をしていたが、初めて買った宝くじで100万ポンドが当たって以降は、新しいバッグや車を買ったり、歯の矯正、そして豊胸手術や豊尻手術を行ったりもしていた。

 今年11月上旬には、スコットランド2部リーグでプレイをしているサッカー選手と破局を迎えたことを自身のインスタグラムで明かしており、それも今回の公募につながった理由だという。

 ちなみに、今回のお小遣い付き彼氏公募の模様はテレビカメラで撮影され、その後の顛末はドキュメンタリー番組として来年放映される予定だという。

 応募条件に国籍が含まれているかどうかは不明だが、我こそはと思う諸氏は応募してみてはどうか? 

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。