• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

オナニー

,

ゲイ

,

サル

,

ペニス

,

勃起

,

標葉実則

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20181121_monkey_01.jpg
画像は、「Liveleak」より

 三重県名張市つつじが丘で今年4月、市立南中学校の校門付近で中学3年の女子生徒がサルに右足ふくらはぎを掴まれる事件が起きた。女子生徒は足に軽傷を負い、病院で治療を受けたという。同市内にはサルの群れが二つあり、人なれしたサルが農作物を食い荒らしたり、住宅へ侵入したりする被害が出ている。名張鳥獣害問題連絡会は、地域全体でサルを追い払うための対策について話し合う研修会を開催している。

 女子生徒を襲ったサルはイタズラのつもりだったのだろうか? このサルは人間の女性、しかも若い女子生徒に性的な興味を抱いて、ふくらはぎをつかんだのかもしれない。そうであれば、地域住民にとってサルの脅威はさらに深刻なものとなる。「そんなバカなことがあるか!」と思う読者もいるだろう。しかし、サルが人間に欲情することは実際に起こり得るのだ。海外の動画共有サイト「LiveLeak」から衝撃の映像を紹介しよう。

 動画には、満面の笑みを浮かべるガタイがいい男性と、その背後にちょこんと座るサルが映っている。サルはかなり人馴れしているのか、男性の肩に手を載せている。その手を指先でナデナデする男性――。サルと人間の実に微笑ましい交流かと思いきや、中盤から事態は急展開! なんと、サルが男性の肩に載せていた手を使って、自らのペニスをしごき始めたではないか!? 勃起した肉棒を手でシコシコ……。人間に見られて笑われているのもお構いなしに、サルの手の動きは止まらない。そして、ペニスがビクビクと痙攣してフィニッシュ! サルは亀頭の先から出てきた精液を手で拭って自らの口に入れる。出したものの後始末までした後、羞恥心でも芽生えたのか、股を閉じて大人しくなった。

 見物人は大笑いである。ズリネタにされてしまった男性は、ドン引きしつつも苦笑いするしかない。よく見ればこの男性、髭面マッチョでゲイにモテそうな……。であったばかりの雄サルの心を射止めてしまったとしたら、なかなかの“色男”である。もっとも今回の動画は、被害者(?)の男性も笑って済ませているから良いものの、これが年端も行かない少女が目の前で事を見せつけられたとしたら……。サルの性欲を侮ってはいけない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年11月26日 01:54 | 返信

ゲイザルw

3:匿名2018年11月25日 19:53 | 返信

猿にとっては便意を催したから糞するようなものだろうが

2:匿名2018年11月25日 19:22 | 返信

初めて見たー!
めっちゃキノコやん(笑)
動物のはモザイクなくて、いいんだね(笑)

1:匿名2018年11月23日 20:33 | 返信

せめて、おっちゃんの連れの女性を見ていて興奮したと思いたい。

しかし、猿のペニスの形といい、自慰行為を行うことといい、貴重な動画だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。