元SMAP「新しい地図」3人揃ってキー局復帰が今も絶望的な理由とは?「飯島班は壊滅状態、どこのTV局も上がストップ…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
rekotai1121.jpg
ゲッティイメージ

SMAP新しい地図稲垣吾郎草彅剛香取慎吾が3人揃って地上波放送に出演する。福岡のRKB毎日放送の「略してブラリク」という街ブラバラエティー番組だ。昨年9月にジャニーズ事務所を退所、新しい地図を立ち上げてから、積極的にインターネット戦略を取っているが、“司令塔”の飯島三智CULLEN社長の悲願は、キー局で3人がレギュラー番組を持つこと。ローカル局への出演は増えてきたが、まだまだキー局への道のりは険しい。

 「略してブラリク」は12月に2回、放送される。9月にはNST新潟総合TVでの開局50周年特別番組「スポーツで開く新しい地図」で3人揃って共演しており、いよいよ本格的な地上波復帰も近づいているかのようだが、ここからそびえる壁は果てしなく高い。

「新しい地図は、AbemaTVというネット放送、またSNSを積極的に活用してきました。“ネット厳禁”だったジャニーズ時代とは打って変わった作戦で、確かに『新しさ』を打ち出せたのですが、これは苦肉の策でもありました。ジャニーズを退所したことで、どこのテレビ局も起用に二の足を踏むようになったからです」(テレビ局関係者)

 元SMAPのチーフマネージャーで、現在は3人をマネジメントしている飯島氏もインターネットと同時に、やはりテレビの重要性を常々口にしていた。

「飯島さんは『どうやったら地上波のテレビに出られるのかな?』『地上波でレギュラー番組を持ちたい』と周囲にこぼしています。もちろん地上波というのは東京キー局のことですよ。過去に各局に存在していた“飯島班”は壊滅状態とはいえ、今でも当時のプロデューサーたちとのルートがある飯島さんは3人を売り込んでいるのですが、どこからも色よい返事をもらえていないのです」(前同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年11月23日 06:28 | 返信

どーでもいーな!中居は結局裏切ったん?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。