SU不倫・江夏詩織の怖すぎる“匂わせアピール”の数々! SUもエロい匂わせ歌詞発表…大塚愛への慰謝料はゼロ!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

SU不倫・江夏詩織の匂わせアピールがヤバい! SUもエロい匂わせ歌詞発表…大塚愛への慰謝料はゼロ!?の画像1

 先日、トカナがスクープ予言して完全に的中したとおり、歌手の大塚愛(36)が21日、ファンクラブサイトで「RIP SLYME」のSU(45)と離婚したことを発表した。「私事で申し訳ないのですが、いつも応援してくださってる皆様には、ご報告とさせてください。私、大塚愛は、RIP SLYMEのSUさんと婚姻関係を先日解消致しました」と、つづった。

 2010年に結婚している2人だが、17年4月の「フライデー」(講談社)で22歳年下のモデル江夏詩織との不倫スキャンダルを報じられたことをきっかけに活動休止。同年9月からはRIP SLYME自体も事実上の活動休止状態となっていたものの、先月30日に突如RIP SLYMEがオフィシャルサイトの閉鎖を発表した。これについて、SUは、グループの活動休止を明言し「全ての責任は私」として謝罪。ファンの間に動揺が広がっていた。

 さて、スポーツ報知の報道によると、 この離婚には不倫相手のストーカー行為があったという。今年7月に大塚が配信リリースした「あっかん べ」では「嫌がらせしてくるようなあの子はいらない 人生にいらない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」など夫の不倫相手を思わせる歌詞をつづっており、その嫌がらせは大塚が被害届を提出するほどエスカレートしていたそうだ。別居生活も、子供に危険が及ぶことを危惧したものだったという。関係者によれば、大塚愛はSNSに「別れろ」などと何度もメッセージを送りつけられたこともあり、被害届を提出するほどエスカレートしていたともいわれている。

 「まだどこも報じておりませんが、関係者に聞いたところによると、大塚愛さんは離婚の慰謝料をSUに請求していないといわれています。養育費に関しては情報が錯綜していますが、慰謝料を受け取らないということは、とにかく速攻で別れたかったということを意味します。浮気が原因で離婚して、なおかつ江夏さんから嫌がらせまで受けていたとなれば、億単位で請求することも可能なはずなので、受け取らないのは“そんなことより早く別れたかった”からでしょう」(芸能ライター)

 ということは、SUは今後、江夏詩織と再婚するのか?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ