• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
『けもなれ』モヤモヤ展開にとうとう視聴者ブチ切れ、脱落者続出か!? 「ガッキーと田中圭の無駄遣い」「感情移入できない」の画像1
画像は、『獣になれない私たち』公式サイトより

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第8話が、11月28日午後10時から放送される。視聴率は第1話11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話8.5%、第3話8.1%、第4話6.7%、第5話8.3%、第6話10.0%を記録。しかし、第7話の視聴率は8.6%にダウンした。また視聴者は、京谷(田中圭)の元カノである朱里(黒木華)に相当イライラしているという。

 同ドラマは、周囲の人間に気を遣いすぎる女性・深海晶(新垣結衣)が人当たりがよさそうな青年・根元恒星(松田龍平)と出会う“ラブかもしれない”ストーリー。行きつけのクラフトビールバー「5tap」で知り合った2人は、ぶつかり合いながらも自分らしい人生を探していく。

 過去のエピソードで京谷に部屋を譲ってもらった朱里だったが、その後の生活はかなり悲惨な様子。第7話では部屋にゴミが散乱しており、彼女は廊下を這いながらペットのもとへ。ペットのウサギに残りわずかの餌をあげると、「一緒に飢え死にしようと思ったのに……」と囁くのだった。

 さらに彼女は、立て替えてもらった酒代を返すため晶の家を訪問。しかし、金を返したことで帰りの路銀がなくなり、晶の家の前で野宿をしようとする。見かねた晶は「タクシー代わたしが……」と提案するも、彼女に施しを受けるのが嫌な朱里は「そしたらまた返しに来なくちゃいけないじゃん」と拒否。結局晶は朱里を家に上げ、泊めることにした。

「そもそも晶は、京谷の家に寄生している朱里が原因でずっと結婚できないでいました。ところがそんなことはお構いなしで好き放題振る舞う朱里に、視聴者からは『ウザすぎて見てられないレベル』『死ぬなら1人で野垂れ死んでくれ。ペットを巻き添えにするな』『朱里がヤバすぎて脱落しそう』といった声が。初回から彼女は嫌われていましたが、全く成長しない朱里にそろそろ視聴者は我慢の限界のようです」(芸能ライター)

 ところがそんな朱里に、何故か晶は至れり尽くせり。翌日中々起きない朱里に合鍵を渡し、朝食のヨーグルトまで用意していた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。