【閲覧注意】パラシュートが開かず地面激突、即死の決定的瞬間! 高さ100mの崖から死へのダイブ=ポルトガル

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】パラシュートが開かず地面激突、即死の決定的瞬間! 高さ100mの崖から死へのダイブ=ポルトガルの画像1画像は、「Worldstarhiphop」より

 断崖や建造物などの高所からパラシュートを使って降下するスポーツは「ベースジャンピング」と呼ばれる。飛行機から飛び降りるスカイダイビングよりも低いところから飛ぶことになり、落下速度も速くならない。しかし、危険度はスカイダイビングをはるかに上回る。落下速度が遅いためパラシュートが開きにくく、開く方向を誤ると障害物に接触する可能性もあるからだ。このようなベースジャンピングのリスクについて、海外の動画ブログ「Worldstarhiphop」に公開された動画から理解してもらいたい。

 ポルトガル中部ナザレで今月19日に撮影された動画には、断崖に立つ3人のベースジャンパーたちの姿が映し出される。と次の瞬間、そのうち2人が飛び降りた。彼らの落下する約100メートル下に広がるのは、波の打ち寄せる砂浜。1人のパラシュートが開いて着地準備に入ろうとしている。しかし、もう1人のパラシュートは開かず、そのまま砂浜に激突。身体がバウンドして何メートルか転がった。皮肉なことに、パラシュートはその衝撃で開いたようだ。すべてはあっという間の出来事だった――。

 英紙「Mirror」によると、砂浜に激突したのは50歳のドイツ人男性で、警察と消防が現場に駆け付けたが、ほとんど即死だったという。事故が起こったのは、サーファーの間で大波が押し寄せる海域として有名なプライア・ド・ノルテ。そしてこの断崖は、ベースジャンパーの人気スポットでもある。同地を訪れたベースジャンパーたちは自らのジャンプを撮影し、その動画をソーシャルメディアで公開することが多い。

 今回の事故現場では、2013年7月にも29歳のスウェーデン人男性が同様の事故を起こしている。この男性はノルウェー出身の友人たちと一緒にベースジャンピングを楽しんでいたが、パラシュートが開かずに落下、死亡した。

 ベースジャンピングは危険なスポーツだが、命懸けであるからこその興奮や快感があり、それに魅了される人は後を絶たない。今後もベースジャンパーたちの死亡事故は無くならないのだろうか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】パラシュートが開かず地面激突、即死の決定的瞬間! 高さ100mの崖から死へのダイブ=ポルトガルのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル