• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

婚約

,

小室圭

,

洗脳

,

皇室

,

眞子さま

,

秋篠宮さま

小室圭さんXデー問題に新展開!?  秋篠宮会見の報じられなかった異変を宮内庁担当記者が暴露「眞子さまを…」!の画像1
画像は、『サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ 眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み 2017年 9/30号』毎日新聞出版

 秋篠宮殿下が11月30日に53歳の誕生日を迎えられた。22日に行われた会見では、来年5月から皇嗣(こうし)となる心境とともに、結婚が延期されている長女眞子さま小室圭さんについて「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできません」「今でも二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います」と述べられ、2人の気持ちを尊重しつつ、眞子さまの結婚準備が暗礁に乗り上げていることを認めた。

 眞子さまと小室圭さんをめぐっては、昨夏に婚約内定会見を行い、日本中が祝福ムードに包まれたが、その後小室圭さんの実母・佳代さんの“430万円借金トラブル”が発覚。2人の結婚は暗礁に乗り上げ、年明けに2年先送りが正式決定した。「殿下としてはトラブル解決までに時間的な猶予を与えたわけですが、小室親子は一向に借金問題を解決する気がありません。そればかりか、小室さんは8月に弁護士資格取得のために米フォーダム大に留学。秋篠宮殿下にはギリギリまでそのことを明かさなかったそうですから、不信感は募る一方です」とは宮内庁担当記者。

 それだけに、今年の会見は昨年とは打って変わってピリピリムードだったという。別の宮内庁担当記者いわく「幹事社は日本テレビと北海道新聞で、事前に殿下への質問内容を考えます。今年は全部で5問。当然、小室圭さんと眞子さまの結婚問題に関するものも含まれましたが、その中身については宮内庁と何度もすり合わせを行ったようです」

「昨年の会見とはうってかわって、『これ以上深く詮索しないで』といった空気がアリアリでした。答える前にひと呼吸置いたのも気になりましたね」(同)

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年12月 2日 01:52 | 返信

こんな男の子供でも
天皇になれちゃうんです
そう、女系天皇ならね

1:匿名2018年12月 1日 01:43 | 返信

納采の儀を行える条件。国民が納得することも喜ぶことも永遠にありえない。小室、おワタw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。