【決定版】チャールズ・マンソン完全解説! 史上最凶のカルト連続殺人鬼の“身の毛がよだつ生涯”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

<チャールズ・マンソン特集後編、前編はこちら>

1810manson-1.jpg画像は「TMZ」より引用


■孤立・先鋭化するファミリー

 ロックスターになる夢を断たれたチャールズ・マンソンはハリウッドのエリートたちに対して復讐を誓ったその後――。

 1968年の夏、レスリー・ヴァン・ホウテンという女性がマンソン・ファミリーに入信した。彼女も中流家庭出身。両親は2人の実子のほか2人の養子を育て、そんな両親に影響を受けた彼女は人助けをするのが好きな真っ直ぐな少女へと成長した。教師を夢見ていた頃もあったが、14歳の時に両親が離婚。父親が家を出て行ったことに心を痛め、LSDなどのドラッグに逃げるようになった。17歳の時に妊娠をしたが、母親により強制的に中絶。ヨガなどで心の安らぎを得るようになり、ヒッピー文化へとはまり、マンソン・ファミリーへとたどり着いたのだった。

 マンソン・ファミリーが暮らしていた場所は、ロサンゼルスの郊外にある、かつて西部劇の撮影所として使われていた「スパーン牧場」だったということもあり、そこでの暮らしはファミリーにとってこの上なく楽しいものだった。ファミリー全員でLSDによるトリップも繰り返し行った。

 チャールズはファミリーのメンバーの一人一人の口にLSDを入れ、自分は少しだけ、もしくは取らず、トリップするファミリーたちに「俺はイエス・キリストの生まれ変わりだ」「俺のために死ねるか?」など洗脳する言葉をかけた。LSDを使い、ファミリーたちのマインドを支配していったのだ。グループセックスもして、ますますファミリーの結束を固め、がんじがらめにさせた。

 チャールズはファミリーにとって絶対的存在になり、完全なる支配力を得た。そして、「生も死も一緒」「死はより良い世界への扉」だとも洗脳するようになっていった。


■社会から完全に孤立、精神崩壊のはじまり

 1968年の冬、ファミリーはカリフォルニア州シエラネバダ山脈東部にある、デスヴァレーと呼ばれる山と砂漠しかない場所に移り、世間から完全に孤立した。テリーに拒絶されたチャールズの妄想はどんどん膨らんでいった。ビートルズの楽曲「ヘルター・スケルター」を、ハルマゲドンのことを歌う、予言ソングだと言うようになった。

The Beatles 『Helter Skelter』。動画は「YouTube」より引用

 1969年1月、ファミリーはカリフォルニアに戻ったのだが、被害妄想と怒りで精神的にギリギリの状態だったチャールズは「ブラックパンサーのメンバーの黒人の麻薬売人を殺してしまった」という幻覚を見て、ブラックパンサーにファミリーは殺されるという妄想にとりつかれるようになった。

 この頃、人種差別されるため貧困から抜けだせない黒人たちが、全米各地で暴動を起こしていた。彼らは「戦争だ!」と声を上げており、チャールズは「戦争なんだ!」と精神的にますます追い詰められていった。5月になると「ブラックパンサーを象徴するものだから」とカラスを射撃したりするようになった。

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?