• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 近畿地方

奇習! 逃げ出してきた人妻を飽きるまでレイプ…! 駆け込み寺の性獣坊主による悪行を決死の告発=近畿地方の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 2015年に公開された大泉洋主演の映画『駆込み女と駆出し男』(原田眞人監督)では、いわゆる“駆け込み寺”を舞台に、そこで交錯する様々な人々の人間模様が描かれることとなったが、実はこうした“駆け込み寺”のなかには、俄かに信じ難い蛮行が繰り返されていた寺も少なからず存在していたようだ。


「このあたりじゃ、あの寺はかなり有名だったよ。なにせ、旦那に酷い仕打ちをされた女たちなんかがね、藁をもすがる気持ちで毎日のように駆け込んできていたんだから」


 古くから続く当地の“駆け込み寺”についてそう語りはじめたのは、近畿地方の小都市で暮らす今中昭三さん(仮名・90)。今中さんの話によると、彼が今なお暮らしている当地には、かつて、“A”という住職が切り盛りしていた寺が、“駆け込み寺”として近隣にもその名を轟かせるほどの賑わいを見せていたのだという。しかし、その名声とは裏腹に、Aは駆け込んできた女性たちに対して、俄かに信じ難い蛮行を繰り返していたというのだ。


「そもそも駆け込んでくる女っていうのは、何らかの事情で、逃げ出してきているわけでしょう? しかも、寺へと駆け込んできた時点で、もう後がないわけ。そういう事情をよくわかっているAはね、駆け込んできた女の中から、まず器量よしかそうでないかを振り分けて、器量の悪い女は寺の小間使いとして働かせて、器量がよい女はまず自分で抱く。そういうね、とんでもねえことを平気でやっていた男だったんだよ」


 文字通り“背水の陣”で自らの寺への“亡命”を実行してきた不幸な女性たちを、まずそのルックスで仕分けし、美人は自分で抱いて飽きるまで“性奴隷”として囲い、そうでない女性に対しては、単なる“奴隷労働者”としてコキ使っていたというA。こうした話を聞くと、すでにこの時点でも、Aはかなりの生臭坊主であったと言えるが、さらに問題なのはその後だ。

コメント

3:匿名2018年12月 9日 10:41 | 返信

妄想記事乙

2:匿名2018年12月 8日 18:28 | 返信

ぶっちゃけ銭投げない人間に用は無いから来ないでって寺ばっかじゃねーのw んでもって、いろんな人間の心情を聞いてやるのが超だりぃのな。20分くらいで話聞いてやって とにかく帰らすwww 怠いからwww

1:匿名2018年12月 8日 18:24 | 返信

すげぇ怠い話w 寺は聖域だから そうゆう女が侵入する事で穢される。駆け込み寺はフィクションの伝説。本当にやる奴は警察通報と精神病院に運ばれて終了。世の中はそう甘くない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。