「関ジャニ∞」大倉忠義どころじゃない! 使用済みナプキン、驚きの自宅侵入… 恐すぎるファンの暴走事例3つを関係者暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
「関ジャニ∞」大倉忠義どころじゃない! 使用済みナプキン、驚きの自宅侵入… 恐すぎるファンの暴走事例3つを関係者暴露!の画像1
大倉忠義

 関ジャニ∞大倉忠義がブログで、ファンの非常識な行動に対して参っているとの想いを公表し、話題となった。昔から芸能人にはストーカーまがいの付きまといがあるといわれるが、大倉忠義以外にもファンの度を過ぎた行動による被害に遭っている芸能人はいるのだろうか。現代の芸能人とファンの“バトル”について関係者に聞いた。

「大倉さんには同情しますが、実際に芸能人から話を聞いていると、もっとひどいケースは多いです。そのため、今回の問題は大倉さん個人やジャニーズさんだけの話ではなく、芸能界全体で取り組んでいくべき問題だと思います」(芸能事務所関係者)

 業界全体での対応策が重要とのことだが、どのような事例があるのか。

「身近で凝視するだけならまだ良いほうで、直接接触してくることもあります。タレントの持っているカバンを強奪して、中から鍵を見つけて合鍵を作るんです。カバンや鍵は後日事務所に郵送されてくるんですが、合鍵を使って部屋に入ろうとしたケースもあります。もちろん、すでに鍵は変更していたので被害はありませんでしたが、カバンを奪う時点で犯罪ですよね」(同)

 たしかに完全な犯罪だ。これではおちおち街も歩けない。

「また少し前、福山雅治さんのファンが彼に会いたい一心でマンションコンシェルジュの仕事に就き、部屋に忍び込もうとする事件がありましたが、同じように何かの職業に就くことで芸能人の私生活に入り込もうとする輩もいます」(同)

 恐ろしい話だが、具体的にはどのようなケースがあるのか。

「最も多いのは、引越し業者と宅配業者です。麻布や青山、三宿や三茶などには芸能人が多いわけですが、こうしたエリアを担当する営業所に勤務するんです。そして、数年かけて実績を積んで会社の信頼を得たら、好きな地域や仕事を担当できるようにしてもらうんです。宅配便は玄関までですが、引越し業者は家の中に入れますし、場合によっては私物を盗めますので、最悪のケースです」(同)

 依頼して来てもらった人がストーカーとは、怖すぎる。芸能人は友人に引越しを依頼することが多いと聞くが、その行動の裏にはこうした怖さもあるようだ。

 また、姿を見せず郵送で嫌がらせに近い行動を起こすファンもいるという。

コメント

2:匿名2018年12月 5日 21:05 | 返信

そーゆー被害も含めての高給だろうな!それが嫌なら引退すれば!

1:マヨネーズ2018年12月 5日 07:36 | 返信

芸能人やスタッフが可哀想過ぎる。
このような非常識な行動をする人はファンでもない変質者だ。犯罪レベルのことを普通にしているので逮捕しても良いと思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。