M-1優勝「霜降り明星」は売れない!? お笑いコンテスト覇者芸人が成功しない悲しい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

M-1

,

お笑い

,

芸人

,

霜降り明星

M1グランプリのM1の画像1

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2018」がスタートし、霜降り明星和牛ジャルジャルの3組が最終決戦に進出し、霜降り明星4票、和牛3票で霜降り明星が優勝した。

 今大会は4640組がエントリー。和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップのファイナリストに、敗者復活戦を勝ち上がったミキを加えた10組が出場。審査員はオール巨人、上沼恵美子、中川家・礼二、松本人志、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之の7人がつとめた。


●ここ最近の優勝者が売れていない!?

霜降り明星は、コンビ2人が2017年に若手芸人を対象にした第38回ABCお笑いグランプリや第7回ytv漫才新人賞などで優勝するなど、着実に力をつけて今回の結果を出し、まさにスター街道まっしぐらといったところだが、最近のM-1は「優勝したからといって、売れるとは限らない」という話がある。

 M-1グランプリ過去の優勝者をみてみると、どれも売れっ子ばかりだが、売れない可能性などあるのだろうか?

2001年 中川家
2002年 ますだおかだ
2003年 フットボールアワー
2004年 アンタッチャブル 
2005年 ブラックマヨネーズ
2006年 チュートリアル
2007年 サンドウィッチマン
2008年 NON STYLE・ノンスタイル 
2009年 パンクブーブー
2010年 笑い飯
2015年 トレンディエンジェル
2016年 銀シャリ
2017年 とろサーモン

「まずは、2004年のM-1。優勝したのはアンタッチャブルでしたが、テレビ露出が一気に増えたのは南海キャンディーズでした。また、2008年の優勝はNON STYLEでしたが、準優勝のオードリーの方が注目された。09年はパンクブーブーが優勝しましたが、売れたのはハライチ。10年は笑い飯が優勝しましたが、売れたのはスリムクラブ。2015年はトレンディエンジェルが優勝しましたが、メイプル超合金も知名度を上げ売れました。2016年も、M1を利用して売れたのは銀シャリよりもカミナリ。2017年はとろサーモンもブレイクしましたが、ジャルジャルや、同年キングオブコントで優勝したかまいたちの方が注目された。そんなキングオブコントも、優勝したかまいたちより、にゃんこスターの方が売れたといえる」(事情通)

関連キーワード

M-1

コメント

2:匿名2018年12月 4日 17:37 | 返信

テレビで活躍することが売れるということじゃないです。若手で才能がある霜降りは時間はかかるかもしれませんが、売れると思いますよ。それこそ、ナイナイさんやダウンタウンさんのようにテレビ界を引っ張る芸人になるポテンシャルはあると思います。

1:匿名2018年12月 4日 08:33 | 返信

霜降りより和牛の方がうまいと思うけどな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。