土屋太鳳、鈴木福… “仕事を選んでほしい”と話題になった芸能人4選! 「本当に気持ち悪い」「呪いでもあるのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
1812_sigoera_01.jpg
画像は、「YouTube」より

 しものせき観光キャンペーン実行委員会が、鈴木福(14)を起用したフグのPR動画を制作。その動画が「本当に気持ち悪い」「福くん仕事選んで」とネット上で話題になっている。

 山口県・下関でフグはフクと呼ばれており、鈴木は“フク繋がり”で動画に起用されたという。動画では「フグじゃなーい!」との掛け声とともに、フグの顔が割れて鈴木が登場。その後、鈴木はフグの姿で「ふくふくぱくぱく」という楽曲を熱唱していく。

 この動画は今年9月に公開されていたが、11月に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で取り上げられると注目度が急上昇。動画を見た人たちからは、「福くん嫌いじゃないけど、食欲無くなるわ」「年頃の子にこの仕事をさせるのは可哀相」「子役と言うには難しい年齢になったから、仕事選んでる立場じゃなくなったのかな?」といった声が。大きな注目を集めたからか、動画は公開から3カ月で3万回以上も再生されている。

 今回は鈴木のように、「仕事を選んでほしい」と話題になった芸能人たちをご紹介していこう。


●遠藤憲一

1812_sigoera_02.jpg
画像は、「遠藤憲一」公式Twitterより

 バイプレイヤーとして名高い遠藤憲一(57)も、仕事を選ばない姿勢が話題になっていた。2016年に公開された『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』で遠藤は、体は犬の姿をした妖怪“じんめん犬”になりきっている。

 およそ1時間に及ぶ顔への特殊メイクを施して撮影に臨んだ遠藤は、“じんめん犬”の役作りについて「今回は前もって考えるよりも現場に入ってから作っていくのがいいのかなと思っていたので、メイクしながら作っていきました」とコメント。見事じんめん犬になりきった遠藤に、ネット上からは「なんでも引き受ける姿勢が評価できる」「エンケンの“仕事を楽しむ姿勢”を見習いたい」「こういう役柄もそつなくこなすエンケンって本当にいい役者」などと好評の声が上がっていた。

コメント

2:匿名2018年12月 7日 08:46 | 返信

>「同じゴリ押しなら広瀬すずの方が良い」

広瀬すずだってもうお腹いっぱいだよ。あの子は性格の悪さが顔に出てるし、気取った感じが鼻につくから見るだけで嫌な気分になる。姉の広瀬アリスは女優なのにアメトーークとかで思いっきり口開けて笑ってて受け答えもハキハキしてるから、すずみたいに気取った感じがなくて見てて好感が持てる。

1:長文すまぬ2018年12月 6日 11:19 | 返信

こういう『くだらん仕事なんてさっさとやめて別の仕事に変えればいいのに』という人たにを見てふと思い出すことがあった。
私はよく某カルト宗教の信者たちが集う某掲示板をよく見るのだが、信者たちの愚痴の内容があまりに面白いのでよく覗く。
そこの信者たちは他の信者たちと違い組織の嘘や欺瞞に気がついて(もしくはうすうす)いてやめたい、やめたい、と思いながらもやめられない人たちだ(笑)。
端から見てる人たちならば「そんなに嫌ならやめりゃいいじゃないか!」と言いそうなものだが彼らはやめられんわけだ(笑)。
これはクズの男に騙され利用されながらも、別れたい、別れたい、と思いながらも『別れられない』女性たちと非常に似ている(笑)。
もしくはタバコか(笑)。タバコやめたい、やめたい、と嘘吹きながらもやめない人たちいっぱいいますよね?(笑)もはや喫煙所もだんだん少なくなってきてるのにね(笑)。昔みたいに『タバコかっこいい』みたいな印象もまったくないのにね(笑)!値段もどんどん上がって千円ほどまで値上がるんじゃないかと言われているのにね(笑)。杉花粉の花粉症予防に効果があるとか大嘘見え見えのガセネタ情報を無理矢理信じ込みながらもこいつらはまだ吸ってるわけだ(笑)。
自分もまた『コイツらと』大なり小なり似ており、端から見てる人間たちに「その生活嫌ならやめてこっちに来りゃいいじゃないか!」と思われてる(らしい)。(笑)
これはたぶんニンゲンたちの『輪廻転生』もまた同じなんだろうか?輪廻転生を信じるかどうかは人それぞれだが信じていないような人はまずトカナなんて読まんだろ?(笑)
地球での輪廻転生をやめたい、やめたい、と
思いながらもやめられないわけだ(笑)。「次ことはこうできる、次こそはああやれる」とやめられんわけだ。きっと同じ心理なんだろうね!(笑)端から見てる(?)神?宇宙人?には「そんな生活やめてさっさとこっちに来ればいいじゃないか!」と絶対に思われてる(笑)。

ようはコイツらはみなビョーキなのだ。『依存性』という名の重い重いビョーキなのだ。コイツらはみな自分がビョーキだとは思わないし思えない。ビョーキだと気がついているなら『もうそれはやめているはずなのだ』。気がつかないからこそビョーキであり、気がつけないからこそそこから出られない。自分またしかり(笑)。自分は人と自分自身を嘲笑いながらここに残っている(笑)。

医者が嫌ならやめればいいだけなんですけどね!(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。