「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」

「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」の画像1コロンバノ博士「Research Gate」より引用

 NASA研究者が「宇宙人は地球に来ている」と発言し、大きな話題になっている。

 米「Fox News」(12月3日付)によると、NASAエイムズ研究センターのシルバノ・P・コロンバノ博士は、最近発表した研究レポート「New Assumptions to Guide SETI Research」で、宇宙人の存在に言及したという。

「私は端的に次のことを指摘したい。我々が今後発見するだろう知性体、あるいは、我々を発見することを選ぶ知性体(もし彼らがまだ我々を見つけていないとすればだが)は、我々のように炭素ベースの生命体では全くないということです。(中略)彼らは“極小の超知性体”でしょう」(コロンバノ博士)

「超ちっさい知的宇宙人はもう地球に来ている」NASA研究者が衝撃のガチ発言!! 「UFO目撃を否定すべきでは無い」の画像2画像は「The Sun」より引用

 コロンバノ博士によると、人類はまだ星間飛行さえ不可能だと考えているが、それは地球の科学技術は興隆してまだ500年程度だからであり、地球よりもはるかに進んだ文明には我々に想像さえできない技術が存在するはずだという。そうした“超知性体”にとって地球人は未開人も同然であるから、たとえ彼らが地球に訪れているとしても、我々の想像力の範囲では見つけることができないのも至極当然だ。

 “極小の超知性体”といえば、原子物理学者のルゲロ・サンティリ氏が、大気中に「不可視の生命体」が存在すると主張していたことが思い出される。通常のレンズとは異なる凹レンズを使用した「サンティリ式望遠鏡」により、肉眼では見ることができない2種類の不可視体がいることが分かっているが、もしかしたら、これらこそ“極小の超知性体”なのかもしれない……。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ