【ショック】北朝鮮の名物アナウンサーが引退を発表! 後任はグラマラスな美女… 金正恩による独裁強化の思惑か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【ショック】北朝鮮の名物アナウンサーが引退を発表! 後任はグラマラスな美女… 金正恩による独裁強化の思惑か!?の画像1
画像は「The Sun」より引用

 北朝鮮国営テレビの名物アナウンサー、リ・チュニ氏が引退することが明らかになった。同国の一大ニュースはチュニ氏が報じることが多く、日本はもとより、欧米では「ザ・ピンク・レディ」の愛称で親しまれていた。

 チュニ氏は1971年に朝鮮中央放送委員会のアナウンサーとして登用されると、めきめきと頭角を表し、アナウンサーのなかで最高位の「人民放送員」という役職にまで就いた。そのため、「重大放送」の際にはチュニ氏が担当することが多かったようだ。

 だが、2012年以降、“後進育成”のためしばらくテレビ画面から姿を消し、死亡説まで囁かれるようになった。やっと画面に戻って来たのは2016年のこと。北朝鮮が4回目の核実験に成功したニュースを報じ、生存が確認された。

 そうした中、今回の引退発表である。チュニ氏は75歳と高齢であることから、引退もやむなしと考える向きもあるが、実はその裏に金正恩氏の強い意向があったようだ。

 英紙「The Sun」(12月5日付)によると、金正恩氏は「北朝鮮メディアの近代化」を望んでおり、そのため2011年12月に金正恩氏が北朝鮮の最高指導者に就任して以来、チュニ氏を意図的に起用していなかったのだという。

【ショック】北朝鮮の名物アナウンサーが引退を発表! 後任はグラマラスな美女… 金正恩による独裁強化の思惑か!?の画像2
>画像は「The Sun」より引用

 金正恩氏はチュニ氏に替えて若い“グラマラスな” 30代の女性をメインアンカーに起用。チュニ氏は伝統服であるチマチョゴリを着ていたが、それも洋服に変更されてしまった。確かに金正恩氏の言うように、抑揚の効いた声と過剰演出で独特の雰囲気を奏でるチュニ氏のニュース報道は、“旧時代的”かもしれない。だが、独裁国家らしいニュース報道に、視聴者はある種の趣きを感じていたのも事実だろう。ちょっと寂しい気がするのは筆者だけではないはずだ。

 金正恩氏のメディア改革はアナウンサーだけにとどまらない。今年9月には、最新の機材を備えた新スタジオを公開。映像の背景にグラフィックを入れるなど、かなり編集にも凝りだしている。

コメント

4:匿名2018年12月 7日 15:53 | 返信

何その「グラマラス」って?
全然グラマラスじゃないじゃんw
すっぴんって感じ

3:AK2018年12月 6日 22:13 | 返信

若手アナより変な近未来的な建物のCGに爆笑(笑)

2:匿名2018年12月 6日 20:06 | 返信

フツーに定年だろ。西側メディアはいつも悪魔化して描き出すのが仕事だから。で、自分たちの悪い面は絶対報道しない。辺野古も水道民営化もモリカケも バカな手下を使って煙に巻く。ホントに奴隷化され、国民虐待してるのはどちらの国の話か? 笑える記事 笑

1:匿名2018年12月 6日 19:01 | 返信

北朝鮮というクニは実際のところテレビ新聞が報じているようなクニではないと聞く。
実際はところは私も行ってみたことがないし、興味もないので調べたこともないが、トカナさんにはもっともっとテレビが報じないようなディープで重い内容の記事を書いていただきたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。