小室圭さんの母佳代さんが錯乱状態に!スマホには闇の紳士から「金貸します」のダイレクトメール…禁断のカード切るか!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 秋篠宮殿下の〝ご進言〟により、いよいよ「破局」以外の選択肢がなくなってきた眞子さま小室圭さんの結婚問題。秋篠宮殿下は先月末の誕生日に行った記者会見で、実母・佳代さんの借金トラブルを抱える小室圭さんに対し「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはり、それ相応の対応をするべきだと思います」「やはり多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と苦言を呈した。

 これを各メディアは「最後通牒」と解釈。来年は新天皇即位の重要な年になるため、「破談」という縁起でもないニュースは年内に処理するのでは? とみられている。気が気ではないのが、トラブルの発端を作った佳代さんだ。

「一時行方をくらましていたが、最近は神奈川県内の自宅マンションに引きこもっているようです。パート勤務する目黒の洋菓子店にも姿を見せていません。このまま退職ということになるのでは? 手塩にかけて育てた息子が眞子さまを射止め、自分も皇族の関係者になれると思った矢先に、自身のトラブルで破談に向かっている現実は耐え難いものでしょう」とは社会部記者。

 佳代さんが抱える負債額は約430万円。はたから見れば、貯蓄を切り崩すなり、親族からかき集めれば何とかなるような額にも見える。だが、小室親子には金がなく、頼る親族や知人もいない。

 そんななか、佳代さんには怪しい紳士たちが接触を試みているという。「借金トラブルをクリアにすれば、結婚問題は何とか首の皮一枚つながる。そのため『借金を肩代わりする』『無利子で貸す』といったダイレクトメールが佳代さんの携帯電話に連日送られて来ているようです。一時期、横浜界隈を縄張りとする暴力団組織が佳代さんの個人情報を探っていたので、それと関係があるのかもしれませんね。さすがの佳代さんもメールは無視しているようですが、いよいよ追い込まれた時には…。予断を許しません」(女性誌記者)

 眞子さまと小室さんがめでたく結婚した暁には、皇籍離脱に伴う一時金として国から1億円以上が支払われる。ダイレクトメールを送りつけている連中の狙いは推して知るべしだ。刻々とタイムリミットが近付く結婚問題。佳代さんが禁断のカードに手を出さなければいいが…。
(文=舞難波)

小室圭さんの母佳代さんが錯乱状態に!スマホには闇の紳士から「金貸します」のダイレクトメール…禁断のカード切るか!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで