UFOが神奈川県上空に出現! 厚木基地に向かって異常飛行…専門家「電飾凧ではない!宇宙人のUFOオーブだ!」

――トカナ編集部に届いた最新の読者スクープを紹介!

【情報提供者】
匿名

 10月27日、神奈川県大和市上空にUFO(未確認飛行物体)が出現。その時の映像がトカナ編集部に寄せられた。驚いたことに「豊島区のUFO」が出現した時間(16:40頃)とほぼ同一時刻に撮影されているのだ。世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、UFOは夕方に出現しやすい(見えやすい)と語っていたことが思い起こされる。

 編集部では、映像について投稿者(匿名)から当時の状況を詳しく聞き、さらに著名UFO研究家・竹本良氏に映像の分析を依頼した。

 まずは、問題の映像をご覧頂こう。

日時 : 2018年 10月27日 16:49頃
場所 : 神奈川県大和市西鶴間2-8附近から同2-14付近にかけて(詳しくは地図)
撮影機材:iPhone8の標準カメラ

UFOが神奈川県上空に出現! 厚木基地に向かって異常飛行…専門家「電飾凧ではない!宇宙人のUFOオーブだ!」の画像1目撃地点と厚木基地は直線距離で3.5kmほどしか離れていない「グーグルマップ」より引用

■投稿者のコメント

・目視での感想

「強い光を発しながら進行方向(西南方向)の空をゆっくりと飛んでいき、徐々に光りが弱まり見えなくなっていきました」


・滞空時間やUFOの様子

「動画を撮る少し前から飛んでいたところを目視で確認出来たので、3分くらいは飛行を確認できたと思います。

 飛び方は真っ直ぐゆっくりと西南の進行方向へ向かっていて、光り方は一度徐々に弱くなったあとまた強い光り方をして(ここから動画を撮りました)、また徐々に光りが弱まり消えてしまいました」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ