• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 台湾で、頻繁に幽霊が出没するというホテルが話題となっている。

「中時電子報」(11月23日付)によると、台南市内にあるそのホテルでは、数年前から幽霊の目撃情報が寄せられていた。現地のネット掲示版などでは「幽霊ホテル」と呼ばれ、宿泊客などから目撃談が頻繁に投稿されている。一番多いのは、1401号室に髪の長い全身ビショ濡れの女性の幽霊が現れるというもので、その部屋の宿泊客に、出ていくよう迫るのだとか。


くだんのホテル。夜になると不気味な雰囲気が漂うという
 そんな中、この幽霊ホテルに異変が起こった。あるネットユーザーがホテルに宿泊した際、14階に上がってみたものの、問題の1401号室を見つけることができなかったという。どうやら、あまりにも幽霊の目撃談が多いため、営業に支障を来すことを心配したホテル側が閉鎖したらしいのだ。

 しかし、閉鎖せざるを得ないほどとは、やはりウワサは本当なのだろうか?

 実際にこのホテルでは、過去に火災や飛び降り自殺などで複数の宿泊客が亡くなっており、また古びた建物の外観も、不気味といえば不気味だ。こうした背景も、幽霊出没のウワサに信ぴょう性を持たせている。

 ただ、そんなウワサを嫌がって宿泊することを避ける者がいる一方で、幽霊見たさに宿泊するオカルトマニアも少なくないようだ。


日本の統治時代に建てられたといわれる基隆鬼屋
 ちなみに台湾には、ほかにも世界的に有名な心霊スポットが複数存在する。中でも有名なのは、基隆市にある基隆鬼屋(キールンゴーストハウス)。地元の人なら誰もが知る、幽霊ビルである。1950年代に進駐米軍の酒場として利用されていたこのビルでは、当時酒場で働いていた地元の女性が、米兵との恋愛のもつれから、店に火をつけ自殺したと言い伝えられており、この女性の幽霊の目撃情報が相次いでいるという。

 日本から手軽に行ける外国として人気の台湾だが、オカルトツーリズムに出かけてみるのもいいかもしれない!?

(文=青山大樹)

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年12月 9日 01:03 | 返信

悪幽霊、お化け屋敷は、すべてのお化け屋敷は、私に連絡します。
风水差?恶鬼魂,闹鬼屋,凶宅全部可联系我.
twitter+Google + YouTube : Lee Chie Leong 李志良
Facebook:Chie Leong Lee

2:匿名2018年12月 9日 01:01 | 返信

悪幽霊、お化け屋敷は、すべてのお化け屋敷は、私に連絡します。
风水差?恶鬼魂,闹鬼屋,凶宅全部可联系我.
twitter+Google + YouTube : Lee Chie Leong 李志良
Facebook:Chie Leong Lee

1:匿名2018年12月 8日 10:14 | 返信

うーん、読んだ限りでは、
ホテルの客部屋が満室になってしまったとき、受付店員が勝手に、従業員用か何かの部屋を「1401」にしてしまっているだけの印象を受けるが、、、、、、、
本当に幽霊か?
 
サニタリーでシャワーを浴びてたら客が入ってきたようなので仕方なく脱いだ服を着て、とりあえず部屋にいる客を追い出した。急いでいたので長い髪は濡れたままで、それが全身びしょ濡れに見えた理由。
ホテルが満室の時に行かなきゃ「1401」の部屋は出現しない。
辻褄あうよね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。