三田佳子次男・高橋祐也に「覚醒剤密売」の疑いで「元関東連合」境谷誠逮捕!壮絶リンチで舌をハサミで切った「トーヨーボール殺人事件」加害者の闇【謄本入手】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
ThinkstockPhotos-466976775z_thum630.jpg

 女優で三田佳子さんの次男の高橋祐也被告に覚醒剤を譲り渡した疑いで、元関東連合のメンバーで境谷誠容疑者(41)を、今日の午後東京都内で逮捕した。捜査関係者の話によると、境谷誠容疑者は「事実関係を含めて話すことはありません」と供述しているが、2人は1年ほど前からお互いの家を行き来して、覚醒剤を炙って使用していたという。

 この事件はトカナでも報じているので、その一部分を抜粋すると「高橋被告は先月10日(2018年9月)、東京・渋谷区の焼肉店で女性と口論になり、激高。店の従業員が110番通報し、駆けつけた警察官が挙動不審な同被告に渋谷区内の病院で尿検査を受けさせたところ、覚醒剤の陽性反応が出た。高橋被告にとっては1998年、2000年、2007年に続く通算4度目の覚醒剤逮捕。口論相手はアイドルグループの元メンバー」と報じたが、その焼肉店から2人が口論を始める直前に店を出たのが、今日逮捕された境谷誠容疑者だ。その焼肉店は、取材を拒否しているが場所は代官山にある。

 境谷誠容疑者は、同じくトカナでも報じているが、2000年5月に起こった「トーヨーボール殺人事件」で、高橋祐也被告から車を手配した人物で、その事件で実刑判決を受けて、東北地方の少年刑務所に服役している。その後、関係は切れるのが一般的であるが、この2人の人間関係はより密接になったのだ。

●トーヨーボール殺人事件
2000年5月、大田区にあるボウリング場「トーヨーボール」の駐車場で、友人とダンスの練習をしていた少年が暴走族グループ「関東連合」のメンバーに襲撃され、激しい暴行を受けて亡くなった。 許しを請う少年の顔を凶器で殴り、頭部を路面に打ちつけ、至近距離でエアガンを乱射し、頭髪を焼き、舌をハサミで切るなどのおぞましい暴力を約1時間半に渡って行った。この事件をめぐっては、亡くなった少年を抗争相手と勘違いした関連メンバーによる“人違い殺人”である可能性が高いといわれる。


コメント

1:匿名2018年12月 9日 21:36 | 返信

アホ親子

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。