【閲覧注意】“角材男”が歩行者襲撃、一発で殴り殺す戦慄の光景! あまりにも落ち着いたスローな殺人事件が超ヤバい=ロシア

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】角材男が歩行者襲撃、一発で殴り殺す戦慄の光景! あまりにも落ち着いたスローな殺人事件が超ヤバい=ロシアの画像1画像は、「Liveleak」より

 ロシア・カルーガ州で先月16日、角材を持った男が2人を襲撃する事件が発生した。海外の動画共有サイト「Liveleak」などでは、事件の一部始終を収めた映像が公開され、話題となっている。

 歩道を歩いている2人の男性――。その背後からゆっくり近づく男の手には、なんと角材が握られている。すると次の瞬間、角材男が2人を次々と殴打する。黒い上着の男性は仰向けに倒れて動かなくなった。一方、茶色の上着の男性も転倒したが、頭を手でかばい、足で角材を蹴り上げて抵抗。しかし、角材男は執拗に攻撃を続ける。その最中、現場後方を男性が素通りして行った。目の前で異常事態が発生しているにもかかわらず何も行動しなかったのは、関わり合いたくないからだろうか? その後、赤いコートを着た女性が止めに入ったことで、角材男は落ち着いたようだ。茶色の上着の男性は苦しそうに動いているが、黒い上着の男性は倒れたままだ。女性と角材男が倒れている男性に近寄って様子を見る。そして、角材男がその場を立ち去ったところで動画は終了する。

 現地メディア「Glavred」によると、黒い上着の男性は頭部に重傷を負って昏睡状態に陥り、搬送先のアンネンキ病院で死亡したという。また、角材男の襲撃を止めた女性は次のように語っている。

「私は何がなんだか理解できませんでした。私は彼(角材男)を説得しなければなりませんでした。私は彼に『(黒い上着の)男性が死んだかもしれないわ』と言いました。すると、彼は男性に近づいて、『いや、私はまだ死ぬわけにはいかない!』と言って、角材を捨てて逃げてしまいました」

 あるFacebookユーザーによると、襲撃を受けた男性2人は「民兵(ミリシア)」だという。民兵とは、短期的な軍事訓練を受けた民間人によって編成された緊急の武装組織であり、正規の軍隊とは区別される。男性2人が民兵のメンバーだとすれば、角材男には何らかの政治的な意図があったのかもしれない。角材男は廃ビルに潜んでいるところを警察に逮捕されたが、襲撃の動機については判明していない。

 動画を見る限り、角材男の動きは落ち着いていて、全体的にスローな印象を受ける。しかし、角材による殴打の威力はすさまじく、犠牲者の1人を死に至らしめたというから恐ろしい。手に凶器を持った者が近づいてきたら、迷わず逃げるのが一番である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】“角材男”が歩行者襲撃、一発で殴り殺す戦慄の光景! あまりにも落ち着いたスローな殺人事件が超ヤバい=ロシアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?