Koki,だけじゃない、剛力彩芽や高橋一生… “不相応な賞”の受賞で批判された芸能人4人「審査基準どうなってるんだ?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1812_soguwanai_01.jpg画像は、「Koki,」公式Instagramより

 今年11月26日に行われた雑誌『ELLE』が主催する「エル シネマアワード 2018」へ、木村拓哉(46)と工藤静香(48)の娘・Koki,が参加。映画出演の経験がない彼女が、なぜか賞を獲得して「映画の賞じゃないの!?」「ミラクルすぎるでしょwww」と話題になっている。

 Koki,が受賞したのは、“エンタメ界で今年最も輝いたこれからの活躍を応援したい女性”に贈られる「エル・ガール ライジングスター賞」。映画に出演していない人の受賞は今回が初めてで、その場にいた報道陣の人々は「何を聞いたらいいの……?」と戸惑いを隠し切れなかったようだ。

 出来レースのような賞に、ネット上では「もはや何でもあり」「これこそ『ちょ待てよ!』だろ」「審査基準どうなってるんだよwww」「この勢いで人類史上初のカーオブザイヤーも受賞するんじゃない?」といった反響が続出。

 今回はKoki,のように、そぐわない賞を受賞して炎上した芸能人をご紹介しよう。


●高橋一生

1812_soguwanai_02.jpg画像は、「舞プロモーション」公式サイトより

 俳優の高橋一生(37)は、今年11月に開催された「第47回ベストドレッサー賞」で芸能部門を受賞。しかし高橋の受賞は、「めちゃくちゃダサいのになぜ?」「オシャレ泥棒(笑)なのによく賞取れるなwww」と物議を醸すことに。

 事の発端は、高橋の熱愛報道が掲載された今年2月発売の雑誌『FLASH』。写真には、黒光りしているライダースジャケットを羽織って腰から“ウォレットチェーン”をぶら下げている高橋の姿が。さらに高橋は大き目のハンチング帽をかぶり、ダボっとした黒いパンツを履いている。

 高橋の私服姿に、読者からは「高橋イッチェーン」「むしろこの服を見つけるほうが大変だと思うけど」「今どきこんな服装の人いる!?」「ダサすぎで草生えるわ」とツッコミの声が上がっていた。

 ちなみに高橋が受賞式に着てきた服は、“15年くらいお世話になっているテーラーさんが作ったセットアップ”だったそう。

コメント

1:匿名 2018年12月12日 09:13 | 返信

出来レースは今に始まったことではない。
今ごろ気付いて記事にしているようでは記者として失格。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。