「TikTok」がわいせつ動画販売のプラットフォームに!? 人気アプリの裏の顔……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

【日刊サイゾーより】

 日本では今年の新語・流行語大賞にノミネートされるなど、世界中でヒットしている中国発の動画共有アプリ「TikTok」だが、インドネシア政府が使用を禁止したことでもわかるように、トラブルも少なくない。

 本国中国でも、わいせつ動画の投稿が相次ぎ、社会問題となっている。7月にはトイレでのハメ撮り動画が投稿され、各紙で報じられた。過激な動画はすぐに削除されるが、そうした動画を投稿するユーザーたちがすべてTikTokから退場したわけではく、地下に潜って生息し続けているようだ。

 香港メディア「東網」(11月26日付)によると、中国の、とある男性ユーザーのスマートフォンには、連日深夜から明け方にかけて、TikTokを通じて知り合った女性から大量のメッセージが送られてくるという。彼女は、TikTok上では普通の動画を投稿しているが、その中で「結婚相手を探している」と発言。プロフィール欄には、ご丁寧に携帯番号や中国版LINE「微信(WeChat)」のIDまで記載されている。それにまんまと引っかかって連絡してきたユーザーに、自撮りしたわいせつ動画を売りつけているのだ。

 わいせつ動画をめぐっては、ユーザーと当局とのいたちごっこが続いているが、上海でウェブマーケティング会社を経営する日本人はこう指摘する。

「表向きは普通の投稿者なので、即削除というわけにはいかないでしょう。TikTokの中国版は日本版とかなり異なり、条件を満たせばECサイトと連動できる機能もあります。そういった意味では、商売をしたい人が自然と集まるアプリだということができます」

 日本版が、そういう方向に進まなければいいが……。

(文=中山介石)

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。