高橋祐也はシャブSEXで“馬の興奮剤・アンナカ”を使用していた!? 記者「イッた状態がずーっと続く、芸能人はこれしか買わない」

高橋祐也はシャブSEXで馬の興奮剤・アンナカを使用していた!?  記者「イッた状態がずーっと続く、芸能人はこれしか買わない」の画像1画像は、「ANNnewsCH」YouTubeより引用

 昨日、本誌は高橋祐也被告がシャブSEXにはまっていた可能性を報じたが、では高橋被告はどのようなシャブにはまっていたのだろうか?

 ちなみに、現在流通しているほとんどの覚醒剤には、馬の興奮剤として話題となった“アンナカ”と呼ばれる薬は入っていない。

「芸能人に譲り渡す覚醒剤の多くは、入手が難しい“アンナカ”が入っているものだというのが通説です。SEXドラッグとして一番有名で“セレブドラッグ”などと呼ばれるコカインも芸能界では流通していますが、これは効き目の時間が短いので、今はまだそこまでの人気はありません」(前出週刊誌記者)

 歌手として復帰活動をしているASKA元被告も、週刊誌の取材に当初は「アンナカを処方されている」と言い訳としたことがあったが、そのアンナカという興奮剤はどれほどの作用があるのか?

「芸能人は今の覚醒剤には正直興味がありません。成分が薄くなったのもありますし、そもそもアンナカの入っていない覚醒剤に興味はもたないんです。馬の興奮剤に使うアンナカが入っている覚醒剤を静脈に入れると、量にもよりますが、髪の毛が逆立つ状態になり、性器は勃起したまま覚醒剤の効き目が無くなるまで射精した快感が続きます。女性も同様で、イッタ状態がずっと続きます。アンナカの入っていない覚醒剤は、ただ眠気に襲われず集中できる違法な薬物にすぎず、まったく人気がないです」(元覚醒剤常用者)

 馬の厩舎の関係者などから入手し、一般には入手が難しい馬の興奮剤であるアンナカ入りの覚醒剤を境谷誠容疑者は入手できる立場にいて、高橋祐也被告に譲り渡していたのであろうか? 当然、警察は入手ルートも解明しようと捜査を続けているが、すでに高橋祐也被告の裁判が判決を待つだけの状態であるために、全貌解明は難しいだろう。

 トカナでも報じたが、母親の女優・三田佳子さんは逮捕当日、マスコミ宛に送付した書面で「親としては、もう力及ばずの心境」のコメントを送った。その時点で、マスコミ関係者は高橋祐也被告から興味が失せたというのが正直な気持ちかもしれない。

 判決は“握り”と呼ばれる求刑通りの2年6カ月の判決か、それとも求刑の八掛けと呼ばれる2年前後の判決なのか。いずれにしても累犯の高橋祐也被告には試練の日となる。
(文=かぶともりお)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ