高橋祐也はシャブSEXで“馬の興奮剤・アンナカ”を使用していた!? 記者「イッた状態がずーっと続く、芸能人はこれしか買わない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
mitayoshikojinan.jpg画像は、「ANNnewsCH」YouTubeより引用

 昨日、本誌は高橋祐也被告がシャブSEXにはまっていた可能性を報じたが、では高橋被告はどのようなシャブにはまっていたのだろうか?

 ちなみに、現在流通しているほとんどの覚醒剤には、馬の興奮剤として話題となった“アンナカ”と呼ばれる薬は入っていない。

「芸能人に譲り渡す覚醒剤の多くは、入手が難しい“アンナカ”が入っているものだというのが通説です。SEXドラッグとして一番有名で“セレブドラッグ”などと呼ばれるコカインも芸能界では流通していますが、これは効き目の時間が短いので、今はまだそこまでの人気はありません」(前出週刊誌記者)

 歌手として復帰活動をしているASKA元被告も、週刊誌の取材に当初は「アンナカを処方されている」と言い訳としたことがあったが、そのアンナカという興奮剤はどれほどの作用があるのか?

「芸能人は今の覚醒剤には正直興味がありません。成分が薄くなったのもありますし、そもそもアンナカの入っていない覚醒剤に興味はもたないんです。馬の興奮剤に使うアンナカが入っている覚醒剤を静脈に入れると、量にもよりますが、髪の毛が逆立つ状態になり、性器は勃起したまま覚醒剤の効き目が無くなるまで射精した快感が続きます。女性も同様で、イッタ状態がずっと続きます。アンナカの入っていない覚醒剤は、ただ眠気に襲われず集中できる違法な薬物にすぎず、まったく人気がないです」(元覚醒剤常用者)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。