【速報】CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

【速報】CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!の画像3電極を埋め込まれた頭蓋骨。画像は「Newsweek」より引用

 電極は歩く・止まるなどの行動や方向を指示の電気刺激で犬に与えるようになっており、さらには脳の報酬効果を司る部位を刺激するようになっていた。そして犬はリードを外した状態で実験用のフィールドに放たれ、遠隔操作による指示通りの方向に歩いたり止まったりできた。レポートには犬の写真らしきものも添付されているが、公開されている書類自体が解像度の低い白黒コピーなので、その詳細はよくわからない。

【速報】CIAが犬の遠隔操作に成功していたことが発覚! 頭に電極埋め込み…おぞましい犬体実験「MKウルトラ」資料公開!の画像4フィールド上の犬。画像は「Newsweek」より引用

 レポートによれば、行動を制御できる距離は100~200ヤード(90~180メートル)に過ぎず、その他にも様々な問題や課題があったという。そのため、この技術が現場で用いられたことはなかったとみられている。

「The Black Vault」が公表した資料の中にはこの研究プログラムの予算に関する書類や、猫への応用を示唆する内容のものがあったという。

 洗脳を目的とした危険な人体実験で知られるMKウルトラであるが、その裏では動物の遠隔操作実験も行われていた。この計画についてはまだまだ不明な点が多い。トカナでは今後も、新情報が入り次第お伝えしていく。

(編集部)

参考:「Newsweek」「The Black Vault」ほか

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年12月15日 23:53 | 返信

>> 1

本当に周知させたければこんな別の方法を考えるべきでは?

1:匿名 2018年12月14日 04:06 | 返信

2018年 12月14日
午前3時40分頃

おそらくはN市警察署の人間だと思うのですが、けたたましいサイレンを流しながらバトカーで約数十分間にわたり家の回りをぐるぐると回られました。おそらくは事件性はゼロだと思われます。私の書き込みに対する報復と思われます。
4、5年前より、私の家の物が定期的に破壊されるという事件があり、誰がやっているかは私にはわかっているのですが、この国にはそれをとがめる組織はありません。私のアカウントが潰されるのも、書き込みが妨害がされるのも、ネットに悪口が書かれるのも全部証拠こそありませんが全部この人たちの仕業だと思っております。
S氏が暴行されても誰も逮捕されなかったのと同様にこの人たちを逮捕する組織も法律ももともとこの国にはないのです。日本人は平和ボケしすぎです。平和であれば平和ボケしてかまいませんが実際にはまったくもって平和には程遠いのです。本来は革命まっただなかのフランスのように政府に反抗して立ち上がるのが正解なのです。日本人は戦後70年の間に牙を抜かれてしまったようです。
この国の民族は気がつくとか目覚めるとかそうしたことは今後一切ないのだろうと私は確信しています。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。