【閲覧注意】頻発する「マッサージチェアの爆発」で“お尻”に重症を負った女が超ヤバい! 焼けただれ、肉が抉れ…

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】頻発する「マッサージチェアの爆発」でお尻に重症を負った女が超ヤバい! 焼けただれ、肉が抉れ…の画像1画像は、「Liveleak」より

 今月発売の「シャア専用ルピナスROBO」は、マッサージチェアの専門メーカー、ファミリーイナダ(大阪市)とアニメ「機動戦士ガンダム」がコラボレーションして誕生したマッサージチェアだ。モビルスーツの操縦席さながらの秀逸なデザインだけでなく、指の関節を再現した人工知能メカ8台を搭載し、今までできなかった「引きもみ」を可能にするといった「手もみ感覚」にもこだわる。「365日24時間管理健康システム」や「AI(人工知能)健康アドバイザー」も搭載され、次世代のマッサージチェアとしても注目される。

 進化するマッサージチェア業界だが、その陰では事故も頻発している。国民生活センターによると、2010年4月~2015年12月までで全国の消費生活センターなどに寄せられた相談のうち、マッサージチェア事故に関する相談は83件。腕もみで腕が腫れた、足を挟まれてしびれが残った、押圧アームに挟まれて肋骨が折れたなどの重軽傷に加えて、衣服がローラーに巻き込まれて窒息死した死亡事例も報告されている。事故発生場所のうち4分の1は住宅ではなく、家電販売コーナーや宿泊施設などだ。使用者が取扱説明書を読まなかったり、販売員の説明を聞かなかったりすることが、多くの事故につながっているという見解もある。

 使い方次第では“凶器”にもなり得るマッサージチェアの恐ろしさを、海外の動画共有サイト「Liveleak」で確認してもらいたい。

 中国で撮影された動画には、ベッドの上で泣き叫ぶ女性が映っている。使用していたマッサージチェアが爆発し、彼女はお尻に重傷を負ってしまったのだ。負傷したお尻は、皮膚が焼けただれ、肉が抉れ、ボロボロになっている。この後、女性はメーカーに賠償を求めたが、メーカーは不適切な使用により発生した事故であるとして要求を拒否したという。メーカーの主張が正しいとしても、自業自得というにはあまりにも気の毒な事故である。

 もはやマッサージチェアを使用する際には、こうした事故も発生する可能性があることを念頭に置かなければならないのか。国民生活センターの報告では、マッサージチェア事故被害者の約6割が60歳以上の高齢者である。高齢の両親にマッサージチェアをプレゼントしたが、両親が使い方を誤ったために大事故に発生した、という事態だけは避けたいところだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?