【中国未解決事件簿】遺体を煮込み、2,000もの肉片に切り刻み……南京女子大生バラバラ殺人事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

【日刊サイゾーより】

 日本では若い女性の間でアムラーファッションが流行し、たまごっちがあまりの人気に入手困難になっていた1996年。中国では奇怪な殺人事件が発生し、人々を恐怖に陥れていた。

 同1月19日、江蘇省南京市の歩道を清掃していた清掃員が、路上に落ちていたハンドバッグを発見した。清掃員は落とし物だと思い、中身を確認するためバッグを開けたところ、中には細く切り刻まれた肉片が詰まっていた。不審に思い、この肉片を水で洗い流してみたところ、人間の指らしきものが3本見つかったことから、警察に通報。殺人事件として捜査が行われることとなったのだ。

閲覧注意写真を含む詳しい記事はこちら

 その後、市内の別の2カ所からも同様のハンドバッグが見つかり、鑑定の結果、人間の内臓や頭部などを煮込んだ後、2,000以上の肉片に切り刻んだものであると判明。これらの肉片は、名門大学として知られる南京大学に通う女子学生・チョウさん(当時19歳)のものだった。警察はチョウさんの交友関係を調べたが、農村出身で、金銭や恋愛のトラブルとは無縁の学生生活を送る普通の女子学生であり、有力な手掛かりを得ることはできなかった。

 ただひとつ、同級生の証言により明らかになったのが、チョウさんの事件前の最後の足取りだ。大学の敷地内にある学生寮に住んでいたチョウさんは1月10日の夕食後、散歩に出掛ける姿が目撃されていた。その直前、チョウさんは寮にある電化製品の使用をめぐり、寮長から注意を受けており、気分転換のため散歩に行ったものとみられている。

 警察は大学付近や、遺体発見現場付近の住民に聞き込みを行ったが、手掛かりはつかめなかった。

 事件から12年後の2008年6月19日、事件は急展開を迎える。ネット掲示板に、“黑弥撒”というハンドルネームの人物が、事件に関する情報を投稿したのだ。

 そこには「チョウは大学でコンピューター学を専攻していた。そのため、当時中国ではまだ珍しかったCDラジカセと触れ合う機会が多く、外国から輸入された音楽CDに大きな興味を持っており、彼女と犯人の間には事件前から音楽CDを介し、すでに交流があった」と、ただの推理とは思えない、事件の具体的な背景が書かれていた。

 チョウさんは確かに大学でコンピューター学を専攻しており、また海外からの輸入CDに大きな興味を持っていたことがわかった。

 警察は、この“黑弥撒”の身元を割り出し、参考人として事情聴取を行った。しかし結局、投稿はイタズラだったとして釈放。その後、事件は完全に迷宮入りし、未解決事件として人々の話題に上ることも少なくなっていった or 忘れ去られていくこととなった。事件から20年たった16年、中国公安当局は「事件の捜査は現在も継続しており、必ず犯人を検挙する」と、声明を発表している。

 人体を煮込み、2,000もの肉片に切り刻むという猟奇的な行為を行った犯人は、自らのその残虐性をひた隠しにして、世界のどこかでのうのうと生きている。

(文=青山大樹)

関連記事

    人気連載
    【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

    【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

    作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

    人気連載
    7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

    7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

    ■2019年7月22日〜28日「今週の運命を劇的に変える...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。