小室圭さん、日本を捨てて米国移住か!? 年末年始も帰国せず…眞子さまも渡米強行で“ロミオとジュリエット”化の恐れ

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 今年も残すところあとわずか。皇室最大の懸案事項は秋篠宮眞子さまの結婚問題だ。先月末、恒例の記者会見に臨んだ秋篠宮殿下は、小室圭さんとの今後について「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはり、それ相応の対応をするべきだと思います」「やはり多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と発言。小室さんの実母・佳代さんの“430万円借金トラブル”の解決なくして、2人の結婚はないことを明言した。

 殿下から“投げられた”ボールに対し、小室家は何と答えるのか――。

 宮内庁担当記者によると「殿下のご忠告も一切無視。宮内庁には何も連絡がないようです」。トラブルの元凶は小室家だけに、殿下の踏み込んだ発言に対し、何らかのレスポンスを返すのが筋。しかし、小室さんはおろか、佳代さんとも最近は連絡が繋がらない状態という。

 現在、小室さんは弁護士資格取得のため、米フォーダム大に留学中。せめて年末年始くらいは日本に帰国するのかと思いきや…。「全く帰るつもりはないようです。日本にいる佳代さんとは『一卵性親子』と揶揄されることもありますが、年末年始も米国で勉強漬けの毎日を送るつもりのようですね。単純に往復の航空機代をケチっているだけかもしれませんが」とは週刊誌記者。

 そればかりか、このまま米国に移住する計画も浮上しているという。一部週刊誌が報じたビザの問題も、関係者によれば「解決済み」。小室さんの頭の中では、弁護士資格取得→永住権取得→現地で弁護士事務所設立という青写真を思い描いているという。前出週刊誌記者が続ける。

 「現地では大学の授業以外にも、著名人の講演会や、勉強会にも積極的に参加し、人脈を広げています。彼が目指しているのは、個人相手ではなく、法人向けの弁護士。米国の大企業の顧問弁護士ともなれば、年収はゆうに億超え。はなから報酬の少ない日本など相手にしていませんよ」

 来年は新天皇即位の大事な年であるが、小室さんはお構いなし。懸案事項の結婚問題もこのままダラダラと先送りが濃厚だ。前出宮内庁担当記者は「眞子さまも『早く米国に行きたい』と考えているようです。小室さんから連日LINEで米国での暮らしぶりや、写真が送られてくるので、すっかり感化されてしまったようですね。見かねた母親の紀子さまが、最近小室さんと別れるようやんわり切り出したようですが、火に油で、さらに態度を硬化させることになってしまいました」と話す。「ロミオとジュリエット」ではないが、眞子さまが渡米を強行する可能性も出てきたというから、悩みの種は尽きない。来年も〝小室問題〟で振り回されそうだ。
(文=高田徹)

関連キーワード