辺野古基地移設反対のローラ、官邸に“消される”可能性も!? 某御用メディアが“忖度”…ネガキャン始まるか

関連キーワード:

,

,

「OKポーズ」でおなじみ、モデルのローラが発信力を増している。インスタのフォロワー数は約520万人。18日、インスタグラムで米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事中止の嘆願書への署名を呼びかけると、瞬く間に賛同者が増え、目標だった10万人に達した。署名はホワイトハウスの嘆願書サイトで8日にスタート。沖縄・名護市辺野古沿岸の新基地建設の工事を来年2月の県民投票の日まで停止するよう求める内容で、30日以内に10万人集めると、米政府が対応を検討する決まりになっている。この運動には、このほか沖縄出身のタレント・りゅうちぇるやラサール石井、東ちづる、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔らも参加していた。

 ローラと言えば、昨年所属事務所との独立トラブルが表面化。活動の拠点を日本から米ロサンゼルスに移し、現地で「3億円もの豪邸を購入した」という報道もあった。そんな彼女がかねて慈善活動に熱心に取り組んでいることは意外と知られていない。8月にはユニセフに1000万円をポ~ンと寄付。SNSではプラスチックごみ問題に言及することもあった。こうしたローラの“覚醒を”警戒するのが政府与党だ。

「辺野古への基地移設を進める官邸にとって、影響力の大きいローラさんが反対の声を上げるのは、厄介な話でしかない。ローラさんを起点に、政治に無関心だった若者が基地問題に関心を持ち、大きなうねりになることを恐れています。官邸に“忖度”する某局ではローラさんの起用を渋る動きが出始めています」(政界関係者)

 ユニセフに1000万円を寄付した際には、官邸のお抱えで有名なメディアが〈迷走するローラ、どこへ行く? ユニセフ1000万円寄付に「セレブ気取り」の声も〉と題する記事を掲載。露骨なネガティブキャンペーンにネット上では批判の声が相次いだ。一般紙政治記者の話。

「来年の参院選は消費増税などもあり、安倍政権にとって厳しい戦いになることが予想されます。立憲民主党などのリベラル派はローラさんを自陣に取り込みたいはず。ダメ元で出馬オファーも出すと思いますよ」

 ローラが生活する米国は日本と違い、著名人が政治的な発言をするのは当たり前。レディー・ガガしかり、ジョージ・クルーニーしかり、米国ではそうした著名人が積極的に発信していくことで、政権の暴走を止める役割を担っている。ローラを知る人物は「彼女もロスでの生活を経て、政権のストッパー役を担おうと考えたのかもしれません。今後も慈善活動や社会問題について積極的に提言していくそうです」と話す。

“おバカキャラ”はとうの昔の話。ローラはいまや官邸も恐れる存在になったようだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ