奇習! 冬至の晩、独身者宅に“係の者”がやってきて“ケアSEX”!? 東北の寒村に実在した「一日夫婦」の伝統

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

奇習! 冬至の晩、独身者宅に係の者がやってきてケアSEX!? 東北の寒村に実在した「一日夫婦」の伝統の画像1画像は「Getty Images」より引用

 毎年、年も押し迫ってくる時期となると、その厳しい寒さも手伝ってか、実に暗澹たる気持ちにさせられるという人も少なくないと思うが、そうした季節にあって、とりわけ独り身の人間というものは、巷の浮かれ加減とは裏腹に、その寒さが実に堪えるものである。しかしそうした中、かつてこの国には、そうした“未婚の男女”へのケアとして、一風変わった風習が行われていた地域もあるのだという。


「まあ、昔はね、農家の次男坊、三男坊なんかってなると、農作業ではコキ使われるのに、なかなか嫁のもらい手もなくて、寂しい年の瀬を過ごしていたものだからね。けど、ここいらじゃ、そういう男ヤモメや、つれあいに先立たれた後家さんやら、嫁の貰い手がない女相手にさ、手厚い保護をだね、やっていたものなんだよ」


 かつて東北地方南部のとある地域に存在していたという、“シングル男女へのケア”についてそう語りはじめたのは、今なお、当地でさくらんぼ農家を営んでいるという、阿倍善一朗さん(仮名・89)。阿倍さんの話によると、その昔、未婚や離縁・死別といった様々な形でシングルとなっている男女に対して、年の瀬になると、村人たちが“一風変わったケア”を行う風習が存在していたのだという。


「まあ、平たく言えばね、冬至の日の晩にさ、そういう独り者のいる家を、“係”となっている家庭持ちの男や女がね、訪ねてさ、夫婦のように過ごしてね、一晩を明かすっていう風習でさ。……ああ、そうそう、“そういうこと”ももちろんするよ。でないと、あまりに不憫だもの」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ