【衝撃】火星でガチヤバの「三角錐ピラミッド」が発見される!ギザのルーツか、自然物には全く見えない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 火星表面を写した超高精細画像にピラミッドが見つかったという。古代のエイリアンの遺物なのか、英「Express」が今月19日付けで報じた。

 NASAの火星探査機から送られてくる画像の数々はインターネット上でも多数公開されているが、「Gigapan」のウェブサイトで公開されている火星周回衛星からの画像は、その中でも特に高精細で美しいものの一つだろう。NASAや米カーネギーメロン大学などが共同開発したギガピクセル写真のシステムを使って合成された画像は、1ギガピクセルもの超高精細なものとなっている。

 そんな画像の中から最近になって見つかったのは、三角錐の形をした謎のピラミッドである。長年の侵食の結果なのか、上空から見ると形はややいびつになってしまっているが、自然物とは到底思えないようなあまりに整った形状をしている。

1221pyramid-1.jpg画像は「Gigapan」より引用

 このピラミッドを発見したのは、トカナでもおなじみUFO研究家のスコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏は自身のウェブサイト「UFO Sightings Daily」でこの発見を掲載し、古代の火星にいたエイリアンの遺物である可能性を指摘している。

「ピラミッドの一面はなだらかで、元々あったコーティングが残っているように見えます。しかし、残る二面はひどく侵食されてしまっています」(ウェアリング氏)

コメント

10:匿名 2019年2月15日 19:00 | 返信

そもそも惑星間移動可能なテクノロジーを持っている知的生命体が存在したとして、その生命体が原始的に石を積み上げてピラミッドなんか作る訳ないだろ。ボケ

9:匿名 2019年1月6日 15:14 | 返信

血迷ったか赤穂

8:匿名 2018年12月26日 01:57 | 返信

どう見ても自然物にしか見えんが
これを凄いと思えるって頭大丈夫?

7:匿名 2018年12月26日 01:38 | 返信

今までの火星シリーズの中では一番ましに思える。

6:匿名 2018年12月25日 11:42 | 返信

ギザの大ピラミッドの入口通路は北極星付近の一点を指してるよね。
計算では紀元前3400年ごろには、当時の北極星ツバンを指していたと結論付けされてるし。
この火星の三角錐の構造物のどこか重要な部分が北極星付近を指していたら面白いけどねえ…
まあ現在のところ調査のしようがないわけだから、ほとんどどうでもいい様な話。

5:匿名 2018年12月24日 20:14 | 返信

立派なお山だけれど自然物そのものですよね

4:匿名 2018年12月23日 12:45 | 返信

最初は凄いと思ったが発見者がウェアリング氏と知ったら急にただの自然物に見えてきた。

3:自称原爆研究家(?)なるキリスト教徒を観察していて思ったことは自分もまた似たような状態だったということ(共依存)。人のふり見て我が振り直せ 2018年12月23日 11:58 | 返信

そば殻みてーだな。うまくはなさそうだが。

2:匿名 2018年12月23日 11:51 | 返信

いやちょっと…

1:匿名 2018年12月23日 11:33 | 返信

草杉

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。