火星で「三角錐ピラミッド」が発見される!ギザのルーツか、自然物には全く見えない!

 火星表面を写した超高精細画像にピラミッドが見つかったという。古代のエイリアンの遺物なのか、英「Express」が今月19日付けで報じた。

 NASAの火星探査機から送られてくる画像の数々はインターネット上でも多数公開されているが、「Gigapan」のウェブサイトで公開されている火星周回衛星からの画像は、その中でも特に高精細で美しいものの一つだろう。NASAや米カーネギーメロン大学などが共同開発したギガピクセル写真のシステムを使って合成された画像は、1ギガピクセルもの超高精細なものとなっている。

 そんな画像の中から最近になって見つかったのは、三角錐の形をした謎のピラミッドである。長年の侵食の結果なのか、上空から見ると形はややいびつになってしまっているが、自然物とは到底思えないようなあまりに整った形状をしている。

火星で「三角錐ピラミッド」が発見される!ギザのルーツか、自然物には全く見えない!の画像1画像は「Gigapan」より引用

 このピラミッドを発見したのは、トカナでもおなじみUFO研究家のスコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏は自身のウェブサイト「UFO Sightings Daily」でこの発見を掲載し、古代の火星にいたエイリアンの遺物である可能性を指摘している。

「ピラミッドの一面はなだらかで、元々あったコーティングが残っているように見えます。しかし、残る二面はひどく侵食されてしまっています」(ウェアリング氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ