オランダの海岸に“宇宙人の落し物”が漂着! 博物館も困惑「火星の戦争で使われたヘルメット」なのか、専門家が分析!

 かつて火星の地表で発見された“ヘルメット”がオランダの海岸に流れ着いていた――。


■火星で発見された“ヘルメット”

 NASAの最新鋭火星探査機「インサイト」も無事に着陸して今後ますます火星の情報が充実してくるのは間違いない。もちろんこれまでにもキュリオシティなどの探査車がとらえた火星地表の画像からさまざまな“発見”がもたらされている。

 そうした発見のひとつに軍用風“ヘルメット”がある。著名なUFO研究家であるスコット・ウェアリング氏は自身のUFOブログ「UFO Sightings Daily」で2013年5月にキュリオシティが撮影した画像から火星の地表に転がった“ヘルメット”を特定して紹介している。

オランダの海岸に宇宙人の落し物が漂着! 博物館も困惑「火星の戦争で使われたヘルメット」なのか、専門家が分析!の画像1UFO Sightings Daily」の記事より

 第一次および第二次世界大戦時に各国陸軍で使われたようなクラシックな形状のこの“ヘルメット”は、かつて火星に文明があったことの証左であるとウェアリング氏は主張しているのだ。

 さらに2017年1月、ウェアリング氏はまた別の“ヘルメット”を発見して記事を投稿している。こちらの画像は探査車オポチュニティが撮影したものだ。2016年には“拳銃”も発見されており、これらのことからウェアリング氏は、かつて火星で戦争があったことを指摘している。

オランダの海岸に宇宙人の落し物が漂着! 博物館も困惑「火星の戦争で使われたヘルメット」なのか、専門家が分析!の画像2 「UFO Sightings Daily」の記事より

 そしてこれら火星の“ヘルメット”によく似た謎の物体がオランダの海岸に打ち上げられていたのだ。

オランダの海岸に“宇宙人の落し物”が漂着! 博物館も困惑「火星の戦争で使われたヘルメット」なのか、専門家が分析!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで