【閲覧注意】野ブタに喰われる男の死体! 反政府派はゴミ同然に捨てられ野獣に貪られる… ハイチの現状が超ヤバい

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】野ブタに喰われる男の死体! 反政府派はゴミ同然に捨てられ野獣に貪られる… ハイチの現状が超ヤバいの画像1画像は、「Liveleak」より

 来る2019年の干支は亥(野生のブタ)ではあるが、彼らにまつわる世にも恐ろしい動画がネット上で話題だ。ハイチ共和国の首都ポルトープランスのスラム街で撮影され、海外の動画共有サイト「LiveLeak」などで公開された問題の映像は、目を背けたくなるほどおぞましい。

 ごみの散乱する湿地帯で、何匹もの豚が、なにやら茶色い物体を貪っている。物体をよく見ると――なんと、人間の遺体ではないか! 画面が変わって、ゴミに混ざって落ちている人体の一部が映し出される。切断された手足が、まるで壊れたマネキンの一部のように、あちこちに散乱しているではないか。腐敗して蛆が湧き、ハエが飛び回っており、近寄ると病気に感染しそうな不衛生さである。

 LiveLeakの解説によると、ラヴァラという街のギャングに所属する約60人の若者たちが与党ペ・アシュ・テ・カ(PHTK)率いる「死の部隊」に殺害されたという。若者たちは射殺されたりマチェテで切り殺されたりして、遺体は解体・焼却された後、湿地帯に投棄されて野生の豚のエサになった。この虐殺にはトントン・マクート(同国の準軍組織)も関係しているとか……。

「ラヴァラ(の家族)」も「PHTK」もハイチの政党である。死の部隊は、社会秩序を維持するために超法規的処刑を行う国家機関で、支配層に従わない市民を殺害したり、誘拐して拷問したりする。トントン・マクートは、1958年に結成された秘密警察を母体とする準軍組織で、暴力によって反体制派の弾圧を行なった。現在でもトントン・マクートの残党が政界に影響力を持っているといわれる。LiveLeakの解説を読む限り、政党間の対立を背景に反社会的な組織同士が抗争して、たくさんの犠牲者が出たということになりそうだが、この情報は真実なのだろうか?

 いずれにしても、LiveLeakの動画は、2010年のハイチ地震以来混迷を極めている同国の現状を表しているといえるだろう。争いに負けた人間は惨殺され、遺体はゴミ同然に捨てられ、最終的には野生の豚に貪り食われてしまう。暴力の横行する世界において、人間の尊厳は豚のエサほどの価値もないのだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?