最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺

最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺の画像2画像は「Murderpedia」より引用

■狙われた女性たち

 ダリヤの被害者の多くは若い女性であったという。ニコライを奪った女を彷彿とさせたからだ。彼女は「仕事を怠けた」といったささいなことで言いがかりをつけ、次々と女性たちに拷問を加えて殺害したのだ。妊婦や少女を殴って骨折させり、裸のまま凍える寒さの森の中に放置したり、体に熱湯をかけたりと、ダリヤは残忍な方法で哀れな犠牲者たちを次々と殺害した。

最凶女貴族ダリヤ・サルトゥイコヴァの生涯 ― 愛人に逃げられシリアルキラーに変貌、乙女130人惨殺の画像3農奴に罰を与えるダリヤ。画像は「Wikipedia」より引用

 最終的な被害者数は138人におよぶといわれているが、そのほとんど全員が女性とされ、男性は3人とかなり例外的だった。ダリヤは粗相をした男性本人を拷問にかけるより、その妻を身代わりにして殺すことを好んだのである。ある男性は、3人もの妻を立て続けにダリヤに殺されている。

 あまりにも冷酷で理不尽な仕打ちに、農奴たちは何度となく告発を試みた。しかし相手は大貴族、しかもダリヤの亡夫グレブは、時の皇帝エカチェリーナ2世の愛人セルゲイ・サルトゥイコフの叔父にあたる。このセルゲイは、エカチェリーナ2世の息子で後継者となるパーヴェル1世の父親だと噂されている人物だ。いわばダリヤは皇帝の身内だったのだ。

 だが1762年の夏、ダリヤのもとから命からがら逃げ出した農奴と牧師がサンクトペテルブルクまでたどり着き、皇帝エカチェリーナ2世に嘆願を届けたのである。さすがに無視することもできず、エカチェリーナ2世はダリヤの逮捕と捜査開始を決定するが、これは農奴たちのためというよりは、むしろダリヤに無罪を証明する機会を与えるためだったといわれる。

コメント

3:匿名 2019年1月8日 23:03 | 返信

これ昔テレビで何度もいろんな放送局で放送されていたよね?

ところで他者をボコボコに殴っといて、証拠のカメラを破壊し、組織ぐるみで匿って、逮捕もされない犯罪者たちはいつ逮捕されるのかな?(笑)

2:匿名 2019年1月7日 00:14 | 返信

一体どこに過激な表現が?管理人は世間知らずのアホなのか

1:匿名 2019年1月6日 20:29 | 返信

なんだかなぁ…
他に気分転換の方法がないのかね。
人の噂が気になるなら、別荘に行くこともできただろうし
そこまでの大貴族なら、夜毎のパーティーで遊び惚ける手もある。
パーティーでの遊びが過去を思い出させるなら
冒険家や芸術家のパトロンになる手もあっただろうに。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
善人とか普通の人ではなく、元からイカレてたんだろうな。
惨殺前の時代は、領民に対して関心がなかっただけで・・。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?