奇習! 同時期に結婚するカップルが交歓SEXを強要され…! 島の残酷すぎる婚礼に込められた「暮らしの知恵」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

★『グランドジャンプ・プレミアム 11月号』(集英社)で「奇習」シリーズが待望の漫画化! 漫画家はなんと『不倫食堂』の山口譲司先生!! 知られざる昭和日本の奇習が“巻頭カラー”で究極のエロス爆発、絶賛発売中!!★


【日本奇習紀行シリーズ】 島嶼部

奇習! 同時期に結婚するカップルが交歓SEXを強要され…! 島の残酷すぎる婚礼に込められた「暮らしの知恵」とは?の画像1画像は「getty images」より引用

 これまでも世の中にある様々な形での“奇妙な婚礼”についてご紹介してきたが、今回ご紹介する某島嶼部での婚礼の儀式は、そうした“奇妙な婚礼”のなかでも、とりわけ不可思議な内容であると言えそうな代物だ。


「まあ、よその人らからすればですね、たしかにおかしなものに思えるかもわかりませんけれども、なにせ私らはこの島を出たことがなもんでですね、それが普通だと思ってたわけです」


 同島にかつて存在していたという、その“奇妙な婚礼”についてそう語りはじめたのは、現在も当地で細々と漁師生活を続けているという佐久間源作さん(仮名・78)。佐久間さんの話によると、その昔、同島で暮らす若者たちが結婚をしようと思い立つと、なんとも不思議な行為が当たり前のように行われていたのだという。


「あのですね、まず結婚しようと思ったらですね、自分たちと同じように、結婚を考えている人らを探さねばならんのです。それで見つかりましたらね、いよいよ結婚前の儀式をやるというわけですね、はい」


 そもそもで、結婚を考えている別のカップルがいない限り、自分たちも結婚できないという時点で、既に奇習であると言わざるを得ないが、たとえ運よく、同時期に結婚しようと考えているカップルが現れたとしても、そこから先には、若者たちにとって、まさに災難としか言えない儀式が待ち受けているのだという。


「儀式の日になりましたらね、2組の新郎新婦がです、神社に集まりまして、そこで挨拶をするわけなんですね。それでもって、それが済みましたらね、今度はお互いに着ているものを脱ぎまして、相手を変えて交わらないといかんのです。それが無事に済んだら、晴れて結婚、と。そういう儀式です」

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。