イギリス発禁映画『恐怖の火あぶり』血が出ないのに怖すぎる! 油をぶっ掛け火炎放射器で「ボワ~!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

dontgoin_01.jpg『恐怖の火あぶり』

『恐怖の火あぶり』(原題:DON’T GO IN THE HOUSE)
1979年・アメリカ
監督/ジョセフ・エリソン
脚本/ジョセフ・エリソン、エレン・ハミル、ジョセフ・R・メースフィールド
出演/ダン・グリマルディ、ルース・ダーディックほか

 これまで当コラムで紹介してきた、人間を生きたまま焼き殺すシーンが売りの『残酷! 女刑罰史』(70年)、『実録・幼女丸焼き事件』(93年)。そんな「火炙り映画」の決定版と言えばイギリスでビデオ発禁になったコレ。殺し方は火炙りのみで、血が一滴も流れない内容から作品はこう呼ばれた。「血の飛び散らないスプラッター・ムービー」と。

 この作品はDVD&ブルーレイディスク化されていないので、『残酷! 女刑罰史』の日本版ビデオ(『地獄の魔女狩り』に改題)と同じ東宝ビデオから発売されていたVHSビデオをテキストとして再生。すると本編前に「X」の文字。これは日本の映倫に当たる全英映像等級審査機構(BBFC)による18歳未満視聴禁止「R18」に相当する当時の旧式レイティング区分。よってテープのマスターは、残酷映画を「ナスティー(下劣)」と称してビデオの発売を禁止に追い込むイギリス流通の物だ。

 主人公はゴミ焼却場に勤めるドニー(ダン・グリマルディ)。ある日、病気を患っていた母親が死に「どうしよう~」とパニクるドニーの脳内に、「あなたはもう自由。何をしてもいいのよ」と女性の声が囁く。ドニーは電波系だったのだ。ならばとドニーは、ディスコミュージックのレコードを大音量でかけ、椅子の上で幼稚園児のように飛び跳ねる。ドニーは幼少時に悪さをすると、母親に両腕を掴まれ点火したガスコンロの上で炙られていた。電波さんから「今度はあなたの番よ」と背中を押されたドニーは、「へへ、へへへ」と気味悪く笑いながら死体になった母親の腕を、マッチの火で炙って仕返しする。これが壁に映る影で演出されていて非常に怖い。

 翌日ドニーは仕事を休み、「病気の母に」と花束を買った花屋の女性店員を騙して車に乗せ「家で荷物を下してもいい? 近くなんです」。あれ? この会話に聞き覚えが……。米国史上最悪の連続猟奇殺人鬼エド・ゲインの手口と一緒だ。ドニーは花屋さんを言葉巧みに家の中へ誘い込み、背後から鈍器でゴン! 花屋さんが気付くと全裸になっていて、天井に両手首、床に両足首を鎖で繋がれ、四方八方を銀色の金属板で覆われた部屋に監禁されている。意味が解らず「助けて!」ともがく花屋さんの前に、消防士が着るような耐熱防火服を着たドニーが現れ、油をぶっ掛け火炎放射器で「ボワ~!」。花屋さんが悲鳴を上げながら踊る火だるまダンスを、ドニーは黒焦げ死体になるまでジッと見つめている。

 ドニーが会社を無断欠勤して1週間、その間ドニーは計3名の女性をせっせと家に連れ込んでは火炎放射器で焼却していた。一人暮らしのドニーに話し相手が増え、日常会話が弾む。「オマエは父親と同じクズさ!」、「違うよ!」とドニーが一人二役で親子喧嘩すれば、「彼女は悪魔よ」と電波さんに加勢してもらったドニーは母親の死体に「2度とそんな口を利くな!」。すると「フフフ」と隣の部屋から女の笑い声。ムッとしたドニーはその部屋へ駆け込み、服を着せてディスプレイしてある3体の黒焦げガールズに、「笑うな、ビッチ!」と叫び1体に強烈なビンタ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。