【閲覧注意】超凶暴サメ「ヨゴレザメ」に襲われるダイバーの瞬間映像流出! 水中に響く絶叫、血に染まる海水…

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】超凶暴サメ「ヨゴレザメ」に襲われるダイバーの瞬間映像流出! 水中に響く絶叫、血に染まる海水…の画像1画像は、「Liveleak」より

 サメがダイバーを襲って脚に食らいつく動画が話題となっている。動画は、エジプトの人気ダイビング・スポット、ブラザーズ・アイランドの近くで先月、英サリー州ファーンハム出身のダイバー、ダン・ホワイトさんによって撮影された。

 ダイバーを襲撃したサメは、世界中の温かい海に生息する獰猛で危険な大型種ヨゴレだ。一方、襲撃されたのは、観光客のグループを誘導していたドイツ人ダイバーだった。サメに脚を噛まれたダイバーは、水中でも聞こえるくらい大きな声で叫んだ。他のダイバーがサメと格闘して、何とか脚から引き離したが、周囲の海水が血に染まったところで動画は終了している。英紙「The Daily Mail」によると、負傷したダイバーはボートに乗せられて、すぐに病院へと連れて行かれたという。

 ホワイトさんもこの日はボートに乗って避難したが、翌日にはガールフレンドと一緒に再びダイビングを楽しんだという。そんなダイビング好きの彼は次のように述べている。

「サメの襲撃についてはニュースや雑誌で知っていました。でも、こんなに間近で事件が起こるのを目撃したのは初めてです。私は、サメを侮ってはいけないということを学びました。サメの行動は予測不能です。しかも、私たちがサメの生息地にいる以上、サメは常に優位にいます。サメのいる場所でダイビングするダイバーは誰でも、常に警戒を怠らないことが求められます」

 ホワイトさんは、サメがやって来たのは、ダイバーの周りにできた泡に驚いたからだと考えている。そのうえで、「(ダイバーを襲った)サメは駆除されるべきだと言う人々がいますが、彼らは“私たちの方からサメの生息地に入っていった”という事実を見落としています」と述べ、サメの駆除には反対の姿勢を示している。彼がこの映像を公開したのは、他のダイバーが同様の過ちを犯してサメに襲われないことを願っているからだ。

 紅海でサメの保護活動に取り組む団体「レッド・シー・シャークス」は、サメを刺激しないダイビングの講習が必要であるとして、ルールに違反した者は厳しく処罰されるべきだと主張する。また、サメ研究者のケビン・ マクマリーさんは、今回の映像を見て「ダイバーがサメを興奮させてしまった」と分析している。さらに、サメを囲む多数のダイバーが襲撃のきっかけになった可能性もあると指摘する。

 ダイバーが海中で警戒を緩めたとき、サメはダイバーに牙をむく。この年末年始、海外へダイビングに行く予定を立てている読者は、この映像をしっかりと頭の片隅にとどめ、十分に警戒してもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?