箱根駅伝のあまり知られていない実況中継の裏側! スタッフ1000名超え、一切喋らないアナウンサーの謎も…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

1801ekiden.jpgイメージ画像は「Getty Images」より引用

 2020年には大会創設100周年を迎え、日本テレビ系列の生中継によってお正月の風物詩になっているのが「東京箱根間往復大学駅伝競走」、通称「箱根駅伝」だ。2019年は95回目の大会がおこなわれるが、この箱根駅伝生中継の裏側には縁の下の力持ちとして知られるアナウンサーもいるという。

「毎年『箱根駅伝』の中継に関わるスタッフは1000名を超えています。その中には20名ほどのアナウンサーがいますが、表舞台に立つのはこの中の半分程度です。残りは裏方に徹しています」(テレビ局制作ディレクター)

 カメラやマイクの前に立つのがアナウンサーの仕事だが表に出ないとはどういうことなのか。

「メインの実況アナウンサーや中継車実況など数名のアナウンサーが生放送の中で喋りますが、これらのアナウンサーには2人から3人程度のアシスタントアナウンサーが付いているんです。ほかの番組ではあり得ないことですが、箱根駅伝は昔からこのような体制で生中継しています」(同)

 たしかにアナウンサーのアシスタントとは聞いたことがない。どのような仕事をしているのだろうか。

「簡単に言えばメインで喋るアナウンサーに的確なタイミングでデータや資料をメモにして渡す行為です」(同)

 実況をおこなう上で過去のデータや資料はとても重要なものであることは理解できる。しかし、なぜそれをアナウンサーがおこなっているのか。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。