箱根駅伝・生中継の制作費用が超ヤバ過ぎる! 一般的な番組の10倍以上のカメラやスタッフで、値段は…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

テレビ

,

制作費

,

吉沢ひかる

,

箱根駅伝

箱根駅伝の制作費が超ヤバ過ぎる! スタッフは1000名超え、値段は…!?の画像1
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 関東地方の大会ではあるものの、今や日本全国におけるお正月の風物詩になっているのが「箱根駅伝」だ。日本テレビが2日間に渡って全区間を生中継しているが、カメラ台数やスタッフの数などは一般的な番組の10倍以上ともいわれる。これだけ大掛かりな番組となれば制作費も莫大なのだろうが、果たしてどのくらいのコストがかかっているのだろうか。

「結論から言えば2日間の生中継にかかる経費、つまり総製作費はおよそ7億円と言われています。高いか安いかは判断が分かれるところでしょうが、少なくとも現場を知っていれば無駄な経費はないため、必要な経費と考えています」(テレビ局スタッフ)

 通常の番組の中には1000万円以下で制作するケースも多くあるため、放送時間が長いとはいえかなりの高額だ。内訳はどうなっているのか。

「スタッフは1000名を超え、系列局や技術制作会社から大量のスタッフを国内各地から集めています。さらに中継車や中継機材も全国からレンタルしています。あとは事前取材の活動費や編集費もかかります。これらの経費だけで5億円ほどかかります。それ以外に宿泊費や食事代などの雑費が1億円ほどかかってきます」(同)

 この合計はおよそ6億円ということになるが、残る1億円は何に使われているのか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。