“格付け王”GACKTの「裏カジノ経営疑惑」がアノ有名俳優に飛び火…!? 張り込み記者暴露「1人10万円のパーティが…」

格付け王GACKTの「裏カジノ経営疑惑」がアノ有名俳優に飛び火…!? 張り込み記者暴露「1人10万円のパーティが…」の画像1画像は、「GACKT OFFICIAL WEBSITE」より引用

 いまや本業以外の話題が目を引く歌手のGACKT。投資詐欺に引っかかりウン億円損したり、側近の男が脱税で逮捕されたり、広告塔を務めた仮想通貨「スピンドル」が大暴落したり、お金に関するトラブルにはこと欠かない。それでいて元旦放送の恒例番組「芸能人格付けチェック!」(テレビ朝日系)では無類の強さを発揮し現在、正月以外で放送の「常識チェック」シリーズなども含め、2009年の新年放送回から丸10年にわたって「格付け」無敗、前人未到の58連勝中というのだから、「その目利き、プライベートで発揮しろよ!」とツッコまざるを得ない。

 だが、ネット上では連勝を重ねるGACKTの“ヤラセ疑惑”が拡大中。私生活で投資詐欺に引っ掛かったり、脱税事件で関係者が逮捕されるなど、とても目利きが冴えているとは言い難いだけに「事前に答えを聞いているのでは?」という声が上がるのは当然だろう。ちなみにヤラセの有無について、芸能界では「知っていても答えない」というのが不文律。

 ネット上では同番組のヤラせを疑う声もある一方で、GACKTを知る音楽関係からは「いや、本当に彼は勝負強いんです。ギャンブルで鍛えていますから」との声も……。

 なかでも趣味のポーカーの腕前はプロ級。昨年7月に開催された世界的ポーカー大会「ワールドシリーズオブポーカー」のサイドイベント「The Little One for One Drop」では、参加者約4,300人中、日本人最高位の133位に輝いた。賞金は3,454ドル。AbemaTVでは「POKER×POKER 業界最強トーナメント」なる番組までプロデュースしている。

 ただ、そのポーカーをめぐって業界ではキナ臭いウワサも流れていた。週刊誌記者が明かす。

「都内にGACKTさんが裏オーナーとなっているポーカー店があるというんです。お酒を飲みながら、誰もが楽しく遊べるのなら良いのですが、事前に流れてきた情報だと『客同士でお金を賭けている』と。事実であれば、違法カジノ店を経営していることになる。その話を聞きつけた週刊誌が今年の初めごろ、彼をベタ張りしていました」

 問題の店は東京・港区Xにある。表向きは何の変哲もないポーカー店だが、ある日に張り込んだ記者は次のように語る。

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

人気連載
「幽霊や妖怪を見たとき」の8つの診断ポイントを亜留間次郎が医学的に解説!「若おかみは小学生!」も科学的に検証! 

「幽霊や妖怪を見たとき」の8つの診断ポイントを亜留間次郎が医学的に解説!「若おかみは小学生!」も科学的に検証! 

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ