小室圭さん問題、「強制破局」に美智子皇后がGOサイン!? 皇室関係者が「全員危惧」する問題と眞子さまの心…

 2019年皇室にとって〝代替わり〟のある重要な1年。5月1日の新天皇即位に伴い、10連休が設定されるなど、国を挙げての祝賀ムードに包まれるはずだ。そんななか、唯一の懸念材料が秋篠宮眞子さまの結婚問題だ。お相手の小室圭さんの実母・佳代さんに430万円の借金トラブルが発覚。皇室にとってこの手の金銭問題は御法度で、2人の結婚は落としどころが見つかるまで、2年先送りとなった。宮内庁担当記者の話。

「貸している元婚約者の男性は返済を急かしているわけではなく、分割でもいいから返済意志を見せて欲しいと要望している。しかし、小室親子はそれすらも拒否。トラブルは泥沼化の一途を辿っています」

 これにキレたのが、秋篠宮殿下。昨年11月下旬に行われた恒例の記者会見で

「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはり、それ相応の対応をするべきだと思います」「やはり多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と異例の苦言を並べた。別の担当記者が補足する。

「ここまで踏み込んだ発言をするのは異例中の異例。小室家への最後通牒と言ってもいい。新天皇即位までにトラブルが解決しない場合、一説には見切り発車で破局を公にすることも考えているようです」

 小室さんに対する眞子さまの〝愛〟は今も変わらず。むしろ、周囲が別れさせようとすればするほど、眞子さまは人間不信に陥り、態度を硬化させている。

 仮にまだ別れてもいないのに、破局を公表すれば、秋篠宮家は親子断絶の危機に陥ることも考えられるが…。

「そうまでして、この件を穏便に済ませたいのは、美智子皇后の存在があるからです。表には出しませんが、ここ数年、体力の衰えが顕著になっており、ご無理をなさって体調を崩すことが増えてきています。陛下の生前退位を見届けるまでは気を張っていると思いますが、その後一気に疲れが出る可能性がある。皇室に携わる人間は全員、そのことを危惧しているんです」(同)

 美智子さまは初孫の眞子さまを溺愛し、2人の結婚問題にひと一倍心を痛めているという。宮内庁関係者いわく「皇居には主な週刊誌すべてが送られる仕組みになっており、皇后は小室さんに関する記事を食い入るように見ています」とのこと。

 当初は騒動を静観していたが、次第にいても立ってもいられなくなり、最近では旧友とのお話の中で「眞子には(結婚の)考えを改めるべきと申したい」と話していたという。前出宮内庁関係者は「美智子さまの心労を減らすには、例え見切り発車でも『破局』とやるのが一番じゃないか。陛下の生前退位までには、美智子さまの心配事をすべて取り除きたい」と話す。

 当の小室さんはというと、皇室の一大事にも「我関せず」。もはや〝強制破局〟しか手はないのかもしれない――。
(文=田辺ゆうすけ)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ