NEWS手越祐也の嫌われぶりがトンデモないことに…!カウコンチケット500円、異常待遇に滝沢も呆れ…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

rere-GettyImages-840640860.jpg

 毎年恒例「ジャニーズカウントダウン2018-2019」(フジテレビ系)が歴代最高視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、華々しく終了した。その裏で、あのグループ、そうNEWSだけ“カヤの外”だった。手越祐也をはじめとしたNEWSメンバーの数々不祥事が原因なのだろうか…!?

 今回は平成最後のカウコン(カウントダウンコンサート)。人気急上昇中の大型新人King&Prince、20周年を迎える嵐や15周年を迎える関ジャニ∞、そして、すでに解散をしているタッキー&翼らが出演した。滝沢秀明は昨年内で芸能界を引退、今井翼はすでに事務所を退所している。

 このタキツバが出演することで、タキツバのバックダンサーも務めていた伝説のユニット「FOUR TOPS」(山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純)が出演。そのため、今回のカウコンは倍率75倍とも80倍ともいわれるプラチナチケットとなった。

 カウコンは午後11時にスタート、テレビ放送は午後11時45分から。放送前までは若手のグループ(ジャニーズWEST、Sexy Zone、キンプリ、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z)やジャニーズJr.のユニット(SixTONES、Snow Man、Travis Japan、なにわ男子)が登場。

 放送開始からは、国分太一、井ノ原快彦が司会を務め、若手グループの他にKAT-TUN、Hey!Say!JUMP、V6、近藤真彦、東山紀之ら出演グループが次々に歌った。ジャニーズシャッフルメドレー、関ジャニ∞15周年メドレー、嵐20周年メドレー、年男スペシャルなどが続き、ラストはタキツバの登場だ。ジャニーズ総勢100人以上がステージに上がりタキツバのラストを見届けた。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。