「月は人工物である」複数の研究論文がガチ指摘! 月には“未知の知的メカニズム”が働いていた!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

「月は人工物である」複数の研究論文がガチ指摘! 月には未知の知的メカニズムが働いていた!の画像1画像は「Collective Evolution」より引用

 今月3日、中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が月の裏側に世界で初めて着陸した。地球からは決して見ることはできない月面の裏には一体何があるのか? 今後明らかになっていくことだろう。

 だがその前に、我々はそもそも月について何を知っているのだろうか? 近年、月に関する常識がボロボロと崩れつつある。

 たとえば、元CIAパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏によると、月には2.5億~30億人の人間や宇宙人ハイブリッドが住んでおり、都市も栄えているという。我々が見知っている月の表面はプロジェクションによって覆い隠された幻影だというのだ。

 さらに、“月は原始地球と火星ほどの天体が激突してできあがった”という「ジャイアント・インパクト説」が有力だが、月は地球よりも古くから存在すると考える研究者もいる。

「月は人工物である」複数の研究論文がガチ指摘! 月には未知の知的メカニズムが働いていた!の画像2画像は「Getty Images」より引用

 アフリカのズールーに受け継がれる伝説によれば、「月は地球外惑星によって牽引され、今の位置に置かれた後、多くの惑星に大規模な洪水や津波を引き起こした」そうだ。またズールーの伝説には人類に友好的な“月の人”の存在も明記されており、“月の人”は月を乗り物として宇宙を旅していたのだという。

 とにかく謎だらけの月の存在だが、その中でも最も常識に反する仮説は「月人工物説」だろう。常識に反するとは言っても、そのことを裏付ける証拠はいくつも存在するのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ