吉田沙保里、引退会見では絶対に語られない“重大計画”とは!? 永田町関係者が暴露「ただの政治家ではなく…」

吉田沙保里、引退会見では絶対に語られない重大計画とは!?  永田町関係者が暴露「ただの政治家ではなく…」の画像1画像は、「Wikipedia」より引用

 霊長類最強女子の名をほしいままにしたレスリング女子の吉田沙保里が8日、ついに現役を引退することを発表した。

 3度の五輪と世界選手権で16大会連続の世界一。さらには2012年に国民栄誉賞を受賞したスポーツ界の功労者は、なんと今夏の参院選で、自民党の目玉候補としてリストアップされているという。永田町関係者がこう声を潜める。

「安倍晋三首相は、参院選と統一地方選が重なる亥年を鬼門に捉えています。前回の第1次政権時代もちょうど亥年に歴史的惨敗を喫し、惨めな退陣となったからです。しかも、首相の悲願である憲法改正や、戦後政治の総決算に位置づける北方領土問題の解決など重要課題が山積。ここで議席を減らすわけにはいかず、目玉候補をいくつか用意することは決まっていました。その筆頭が吉田というわけです。もちろん、2020年の東京五輪が視野に入っています」

 実は、吉田は2016年のリオデジャネイロ五輪から現役にピリオドを打つことを決めていたという。ぜんそくを患い、肉体の限界を自覚している上に、後進も育てないとレスリング界全体の発展がないと考えていたからだ。

 ところが、その当時からくすぶっていた日本代表の元強化委員長である栄和人監督から伊調馨へのパワハラ問題が片付かなかったため、進退を保留せざるをえなかったのだ。

「パワハラ問題が表ざたになったのは昨年ですが、数年前からあったことは公然の秘密でした。伊調と仲のいい吉田も当然知っていたが、どうすることもできなかったのです。それがようやく片付き、自分も落ち着いて次の道を歩むことを表明できたというわけ。じゃないと、コーチとして指導しながら現役選手を続けられるわけがなし、タレント活動も精力的にできるはずがない。B’zのコンサートに深田恭子と足を運ぶなどプライベートも満喫し、もはや事実上引退していたのです」(レスリング関係者)

 しかし、だからといってレスリングに全人生を注いできた人間だ。すぐに政界の道というわけにはいかないが、事情を知る関係者はこんな指摘をする。

「日本レスリング協会の福田富昭会長は政界、財界に強い。特に自民党とは太いパイプがあり、安倍政権ともツーカーです。内々で打診があれば、必ず吉田を説得するでしょう。政治の知識がなくとも東京五輪のために尽くしてくれと言われれば、必ず吉田は快諾するはず」

 それだけではない。安倍首相は、吉田を担ぎ出すために閣僚ポストまで用意するというのだ。

「五輪担当大臣です。このポストは東京五輪が決まってから設けられましたが、実務にあまり携わることを求められません。なぜなら、すべて東京五輪組織委委員会がやっているからです。事実、現在の桜田義孝五輪相も、ほとんど何もわかってないでしょ(笑)。安倍首相も早く代えたいんですよ。その点、吉田なら世界的な知名度はあるし、五輪の象徴的な存在になりうる。選手たちの士気も上がり、打ってつけなのです」(前出の永田町関係者)

 参院選まであと半年。吉田五輪大臣の誕生となるのか。

(文=工藤良一)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ