吉田沙保里、引退会見では絶対に語られない“重大計画”とは!? 永田町関係者が暴露「ただの政治家ではなく…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

「日本レスリング協会の福田富昭会長は政界、財界に強い。特に自民党とは太いパイプがあり、安倍政権ともツーカーです。内々で打診があれば、必ず吉田を説得するでしょう。政治の知識がなくとも東京五輪のために尽くしてくれと言われれば、必ず吉田は快諾するはず」

 それだけではない。安倍首相は、吉田を担ぎ出すために閣僚ポストまで用意するというのだ。

「五輪担当大臣です。このポストは東京五輪が決まってから設けられましたが、実務にあまり携わることを求められません。なぜなら、すべて東京五輪組織委委員会がやっているからです。事実、現在の桜田義孝五輪相も、ほとんど何もわかってないでしょ(笑)。安倍首相も早く代えたいんですよ。その点、吉田なら世界的な知名度はあるし、五輪の象徴的な存在になりうる。選手たちの士気も上がり、打ってつけなのです」(前出の永田町関係者)

 参院選まであと半年。吉田五輪大臣の誕生となるのか。

(文=工藤良一)

コメント

2:匿名 2019年1月10日 06:13 | 返信

参議院って必要?
何の知識も無くても知名度だけでなれる政治家って必要?

1:匿名 2019年1月9日 21:45 | 返信

法案賛成票を獲得するためだけのノンポリド素人知名度候補を担ぎ出すのは、いい加減でやめてくれませんか。今井絵理子でこりごりです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。