「瞑想の邪魔をしたから性的暴行」ネパールで大人気“ブッダ少年”に疑惑浮上! 複数プレイや異物挿入、監禁・殺害も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
buddhakid_01.jpg画像は「news.com.au」より引用

 神の化身か、それともレイプ魔か――。ネパールの首都カトマンズの警察当局は7日、ブッダの生まれ変わりと信じられている宗教指導者が、信者数人が行方不明になったことをめぐって取り調べを受けていると発表した。嫌疑がかかっているのは「ブッダ少年」と称されるラム・バハドゥール・バムジョン師(28)。2005年、同国のジャングルで10カ月にわたって、食べ物も水も口にせず、睡眠すら取らず、ひたすら瞑想していたと周りの信者たちが主張し、一躍「ブッダの生まれ変わり」として崇拝されるようになった。

 バムジョン師は熱心な信者らを多く抱えるが、一部の信者からは「身体的・性的な暴行を加えられた」という証言も……。昨年9月には18歳の尼僧が僧院の1つで「バムジョン師にレイプされた」と訴えたこともあった。今回、ある信者の一家4人がバムジョン師の僧院から失踪したとして、特別捜査官らが取り調べを開始。ネパール中央調査局の報道官は「バムジョン師に対する一連の告発について、警察が捜査を開始した」と話している。このほか、数十人が暴行を受けたと主張しているという。

buddhakid_02.jpg画像は「news.com.au」より引用

 この時点ですでにうさんくささ満点だが、バムジョン師の“超人伝説”は枚挙にいとまがない。いわく「3年7カ月もの間、瞑想を続け、その間、食べ物も飲み物も口にしていない」。いわく「バムジョン師が瞑想し始めてから家族全員菜食主義者になり、病気をしなくなった」。ウワサを聞きつけた「ディスカバリーチャンネル」は2006年に「神の力を持った少年」というタイトルの番組を放送。瞑想するバムジョン師を96時間撮影したが、同師は水分も食事も取らず、身動きひとつしなかったという。体内に栄養を送るチューブなども見つからなかった。結果、番組司会者は「バムジョン師は現代科学などものともせず、瞑想を続け、変わらず生きていました」と結論付けたが……。

コメント

3:匿名 2019年1月12日 10:20 | 返信

この人っていわゆる『不食』と呼ばれる状態を完成させた人として有名だけど、それだけでも相当すごいことではあるしほとんどの人は一生涯修行してもその状態にはならないと思う。
しかし、それだけでこの人を仏陀の生まれ変わりだの神の化身だのと決定付けるのはおかしいし、ぶっちゃけそういうので霊性だのなんだのレベルはわからないと思う。

2:真の仏性が備わっていない奴の話 2019年1月12日 08:35 | 返信

どっかで催眠術をかけられた人ですよねーw
ブッダも妻子はいた。仏と神は違うけど地方では化身にもなるという説を信仰してるところは沢山ある。一方でこの男性がそういった神仏の道における荒波を渡り抜いていける人間では無いと断言しておく。麻原彰晃を関連付けてしまう。非常に目障り。

1:匿名 2019年1月12日 04:57 | 返信

最後の文章のオチは面白かったな。センスいいわ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。