中国の「月の裏側」調査に“トンでもない秘密計画”が存在か! 米大教授ガチ警告「真の狙いは…」月の人工物も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 ところで中国はなぜ月の裏側にある最も古く深いクレーターを着地点に選んだのか? ニール氏によると、月の裏側は地球からの電波が届かないため、宇宙を観測する上で適しているからだという。しかし、本当にそれだけだろうか?

jougamoon_03.jpg画像は「NASA」より引用

 元空軍職員のカール・ウルフ氏は、「月の裏側の基地」の存在を暴露し、世界に衝撃を与えたことで知られている。ウルフ氏は「レーダーアンテナ」のような物体を月面の衛星写真ではっきり見たというのだ。これらの施設は画像処理され、一般に公開されている写真には決して出てこないそうだが、確かに月面には人工物があるという。中国の狙いもこの月の裏側の人工物だったりしないだろうか? これは憶測に過ぎないが、可能性の1つとして頭に入れておいても良いかもしれない。
(編集部)


参考:「South China Morning Post」、ほか

人気連載
オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

オーストリア少女監禁事件 ー 8年間半地下室に監禁された「永遠の10歳」ナターシャ・カンプッシュ

石川翠のワールド・ミステリー・探訪【ウィーンの少女神隠し事件...

人気連載
あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

あなたの“遊ばれやすさ”がわかる4択恋占い! 本命昇格、真実の愛を求めるなら… 当たるLove Me Doの真剣アドバイス!

■あなたの“遊ばれやすさ”が判明! 「あなたが想像する“...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年1月12日 12:59 | 返信

核融合技術自体、まるで出来ていない。ヘリウム3の核融合は非常に高温が必要で、夢のまた夢じゃないのか?
ヘリウム3は月の地表にひろーく薄く散らばってるわけで、月面ブルドーザーがどんだけ必要になるのか。ヘリウム3抽出の工場も巨大なものが必要だろうね。いやまあ、無理無理。

1:匿名 2019年1月12日 09:05 | 返信

毎回、人工衛星で映されたものはラングレー空軍基地に送られてカールウルフはその処理現場に通されて業務をこなしていた、と書いてあるね。前回に関連する内容。

地球で使用してるレーダーアンテナってあの大きいパラボラアンテナみたいなやつだよね。あれと似たアンテナを月を管理する異星人が置いたと。んー もっと進化したようなアンテナを使っていると思うよ異星人は。アンテナがいらなくなった製品が普及してる事を考えても、火星で長方形のモニュメントのようなもの。あれが中継基地電波塔というかアンテナだと仮定して考えたら、、、。塔だとコンパクトだし。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。