R・ケリー「少女を強姦しまくるカルト教祖」疑惑がついに全米問題化! 全員性奴隷、人前セックス、12歳にも発情… 関係者全暴露

R・ケリー「少女を強姦しまくるカルト教祖」疑惑がついに全米問題化! 全員性奴隷、人前セックス、12歳にも発情… 関係者全暴露の画像1画像は「R・ケリー公式サイト」より引用

 1993年にリリースした性愛満載のソロデビューアルバム『12 Plays』が話題となり、セクシュアルR&Bシンガーと呼ばれるようになったR・ケリー(52)。マイケル・ジャクソンの「You Are Not Alone」(95)など数々の名曲を手がける音楽プロデューサーとしても高く評価され、マイケル・ジョーダンの映画『スペース・ジャム』のサントラ「I Believe I Can Fly」(96)が爆発的にヒット。「セクシュアルなだけでなくスピリチュアルなアーティスト」だと大絶賛され、キング・オブ・R&Bの名を欲しいままにしてきた。

 そのケリーの“本性”を暴露したドキュメタリー『Surviving R.Kelly(R・ケリーからの生還)』全6話を、米ケーブル局LifeTimeが1月3日から3夜連続で一気に放送した。番組は大きな反響を呼び、検察局がケリーに対する犯罪捜査を開始したとも報じられている。

番組トレイラー(英語)。動画は「YouTube」より引用

■キング・オブ・R&Bのヤバすぎる疑惑

 コンサートでは熟女ファンに“お触り”させることでも知られており、セックスシンボル的な存在となっているケリー。だが、彼はとんでもない疑惑にまみれている。四半世紀前から、女子高生くらいの未成年の黒人女性とセックスしまくり、体だけでなくメンタル的にも洗脳し支配する「セックスカルトの教祖のような男」だと囁かれ続けてきたのだ。

 当時15歳だった駆け出しの歌手の年齢を18歳だと偽証して結婚したり、未成年の女性とセックスするだけでなく女性に放尿する様子をおさめたセックステープも流出、「児童ポルノ」罪に問われて裁判になったこともあった。この裁判では「自分じゃない」「自分に似ている弟」だと主張し続けることで奇跡的に無罪を勝ち取り、ケリーはその後も何食わぬ顔で再びスターとして活動した。

 その後も、彼はレディー・ガガやジャスティン・ビーバーなどの大物スターとコラボし、ツアーで全米を飛び回るなど、何事もなかったのように活躍し続けている。「I Believe I Can Fly」は教会や学校で合唱され、ケリーは再び“スピリチュアルな存在”として持ち上げられつつある。

動画は「YouTube」より引用

 裁判後、何も問題なく過ごしてきた彼だが、まったく反省などしていなかった。それどころか「法的には犯罪だけど、自分は無罪になったのだから」といわんばかりに、これまで以上に未成年の女性たちを心身共に支配して「性奴隷」へと仕立て上げるとともに家に住まわせ、好きな時にセックスしまくっていたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ